ブリトニー・スピアーズ&ジャスティン・ティンバーレイク「世界最大級の破局」から18年 SNSでのやりとりにファン大興奮

ブリトニー・スピアーズ&ジャスティン・ティンバーレイク「世界最大級の破局」から18年 SNSでのやりとりにファン大興奮

ブリトニー・スピアーズ&ジャスティン・ティンバーレイク「世界最大級の破局」から18年 SNSでのやりとりにファン大興奮の画像

自主隔離中のブリトニー・スピアーズが、元恋人ジャスティン・ティンバーレイクのヒット曲をBGMに軽やかなダンスを披露する動画をアップした。そこに添えたメッセージのなかで、ブリトニーは18年前のジャスティンとの破局に言及、さらにジャスティンもそれに絵文字で返答したことで、2人のSNS上でのやりとりにファンが歓喜の声をあげている。


先月19日、他州に先駆け「屋内退避指令(Shelter in Place)」が発令されたカリフォルニア州。本来であればこの時期、カリフォルニアでは毎年恒例の野外フェス「コーチェラ」で大変な盛り上がりを見せるのだが、今年は新型コロナウイルスの影響を受けて10月の開催に延期された。

州民の自主隔離生活が5週目に突入し、各地で様々なイベントが引き続き開催を見合わせるなか、歌姫ブリトニー・スピアーズ(38)も「超退屈」な毎日を過ごしていることをSNS上で明かしている。そんなブリトニーは米時間15日、自身のInstagramに短い動画をアップし、

「最近、SnapchatとかTikTokとかクールなのが流行ってるけど、私のバージョンはこれよ!!!!!」

とメッセージを添えた。自宅バルコニーで大胆なヘソ出しルックのブリトニー、時折舌を出したり口を大きく開けて笑いながら、ジャスティン・ティンバーレイクのヒット曲『Filthy』にのせて軽快なダンスムーブを披露した。

時間を持て余していたのか、ブリトニーは「とにかく超退屈だわ」とコメントしたのち、

「追伸 20年前(正確には18年前)、世界最大級の破局を迎えた私達。」

と自らジャスティンとの交際に言及、さらに

「彼は天才よ!!!! 素晴らしい楽曲だわ、JT(ジャスティン・ティンバーレイク)!!!!」

とジャスティン本人に向けてメッセージを記したのであった。

すると約2時間後、なんとジャスティン本人が嬉し泣き&バンザイの絵文字でこれに返信、2人がSNS上で見せたこのやりとりは、多くのファンを興奮させた。ブリトニーのInstagramには

「ブリトニーが公にジャスティンの名を…もう感動しかない!」
「コロナ鬱が一気に吹き飛んだ」

といったコメントが多く寄せられたほか、

「コロナが収束したらぜひ2人でコラボを!」
「次の新曲MVに互いが出演し合うっていうのはどう?」

と妄想を膨らませるファンも多数見受けられた。

今年1月に開催された第77回ゴールデングローブ賞授賞式や第26回SAGアワード授賞式では、ジェニファー・アニストンとブラッド・ピット元夫妻の急接近が大きな話題を呼んだが、破局から18年を経て公の場でやりとりを交わしたブリトニー・スピアーズとジャスティン・ティンバーレイクにも、ファンは興奮を隠しきれなかったようだ。

なお当時、2大ヤングセレブとして人気絶頂だった2人は1999年から2002年まで交際、2001年の「アメリカン・ミュージック・アワード」で披露したデニムのペアルック姿は今もなお「アイコニック」「最高のレッドカーペットルック」と語り継がれている。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)