メーガン妃、第一審で英紙が有利に 「(主張が)訴えの核心とかけ離れている」と裁判官

メーガン妃、第一審で英紙が有利に 「(主張が)訴えの核心とかけ離れている」と裁判官

メーガン妃、第一審で英紙が有利に 「(主張が)訴えの核心とかけ離れている」と裁判官の画像

メーガン妃が英タブロイド紙を相手取った裁判の第一審がこのほど行われた。メーガン妃は英紙『Mail On Sunday』が2018年に実父へ送った手紙を無断で掲載したとして、同紙を所有するアソシエイト・ニュースペーパー社を提訴していた。


英時間5月1日、ロンドンの王立裁判所で裁判の第一審が行われ、英紙『Mail On Sunday』側が有利に立った。メーガン妃は2019年2月に掲載した『Mail On Sunday』紙の2記事と『Mail Online』の3記事において、2018年8月に疎遠になっていた実父トーマス・マークルさん(75)宛てに送ったプライベートな内容の手紙を無断使用したとして、同紙の親会社アソシエイト・ニュースペーパーを提訴した。個人情報の不正使用、著作権侵害、データ保護法違反の疑いで、損害賠償を求めていたのだ。

4月24日の予備審問は、裁判官がロンドン高等法院(High Court in London)に出廷し、弁護士やリポーターなどはそれぞれリモートで参加した。

審理でメーガン妃の弁護士デヴィッド・シャーボーン氏(David Sherborne)は「手紙は読者の好奇心を満足させるために出版社が掲載したものだ。彼らは情報を故意に操作し、メーガンと父親の関係に亀裂を入れ、世間を欺いた」と述べた。

出版社側の弁護士アンソニー・ホワイト氏(Anthony White)は、メーガン側の訴えを完全否定し、訴訟を取り下げるように訴えた。初審では特に、手紙の一部だけを抜粋し内容を編集したという訴えに対しては強く抗議した。

1日に行われた裁定でマーク・ワービィ裁判官(Mark Warby)は、出版社が不誠実で手紙の内容の一部を抜粋したといった疑惑を含むメーガン妃側の主張を退けた。出版社側が手紙の一部だけを抜き出して事実とは全く異なる不誠実な記事を書いたこと、この記事によってトーマスさんが追い詰められ、メーガン妃との関係が悪化したということ、メーガン妃を故意に攻撃するような記事を出版したという主張は、現段階では却下された。

ワービィ裁判官は「これらの疑惑は個人情報の不正使用、著作権侵害、データ保護法違反という訴えの核心とはかけ離れている。しかしながら今後の裁判で、これらの主張に法的根拠があると解釈されれば、この判断が覆されることもあり得る」と述べている。

初審後、メーガン妃の代理を務める弁護士事務所「シリングス(Schillings)」は声明を発表した。『Mail On Sunday』が歪曲的、操作的、不誠実な方法でサセックス公爵夫人のプライバシーを丸裸にしたことは明らかであり、訴えの内容を変えることなく今後も闘っていくと伝えている。

アソシエイト・ニュースペーパーは、この疑惑を全面的に否定している。特に手紙の内容を書き換えて編集されたとの主張については強く否定しており、徹底的に争う構えのようだ。
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)