オバマ元大統領、高校のバーチャル卒業式で感動のスピーチ披露

オバマ元大統領、高校のバーチャル卒業式で感動のスピーチ披露

オバマ元大統領、高校のバーチャル卒業式で感動のスピーチ披露の画像

パンデミックのさなか卒業シーズンを迎えたアメリカ。各地でバーチャル卒業式が行われているが、現地時間16日には全米の高校を卒業する学生達に向けて盛大なバーチャルセレモニーが開催され、第44代大統領のバラク・オバマ氏が参加、胸を打つスピーチを披露した。


現地時間16日、全米の高校を卒業する学生達のためにバーチャルセレモニー「Graduate Together: America Honors the High School Class of 2020」が開催された。そのなかで第44代大統領を務めたバラク・オバマ氏の披露したスピーチが話題を集めている。今回はそんなオバマ氏の素晴らしいはなむけの言葉をご紹介したい。

??不安な時代を恐れないで

オバマ氏は、奴隷制度や南北戦争、世界大恐慌、同時多発テロ事件などアメリカを襲った様々な歴史を例に挙げ、

「恐れてはいけない。アメリカはこれまでも数々の困難な時期を乗り越えてきました。」
「その都度我が国がより強くなれたのは、君達のような新しい世代が過去の過ちから学び、より良い世界を作るための方法を導き出してきたからです。」

と述べ、先行きの不安な時代でも過度な恐怖心を抱く必要はない―とアドバイスを送った。

??楽で簡単な道より「正しい」と思う道を

「あなた達には、自分が“正しい”と思う行動をとってほしい。楽しいとか、便利、ラクだと思う道を選ぶのは、低年齢の子供達がすること。残念ながら、大それた役職や重要な仕事を任された、いわゆる“大人”の部類に入る人達の中にも、未だに後者を選ぶ人はたくさんいます。だからいろんなことがおかしくなっているのです。」

「あなた達には誠実、勤勉、責任、公平、寛容、他者への尊敬の念といった揺るぎない価値観や基準のなかで、自分を律する道を選んでほしいと願っています。あなたがいつも正しい道を選ぶとは限りません。私達皆がそうであるように、時には過ちを犯すこともあるでしょう。しかし困難でどんなに不都合なことでも、あなたが内なる真実の声に耳を傾けるようにしていると、周囲の人はそれに気付くものです。人は自分を律するそんなあなたに引き寄せられていくことでしょう。そしてあなたはやがて“問題”そのものの一部になるのではなく、“解決策”を導く側に属するようになるのです。」

??コミュニティーを築いて

「たった一人で偉業を成し遂げる人はいません。人々が恐怖心に駆られる今の時代においては、“自分や家族、あるいは自分と同じ見かけや信仰の人達を優先的に考えよう”と言う人もいるでしょう。でも私達がこの大変な時期を乗り越え、皆が仕事を得て誰でも大学に通える世界を作り、環境を保護し、パンデミックに打ち勝ちたい―そう願うのであれば、私達は一心同体となって立ち向かわなければなりません。」

そのように3つのアドバイスを送ったオバマ氏は、最後はスピーチをこう締めくくった。

「本当のことを打ち明けます。実のところ、あなた達は我々からあれこれ言われなくても、もう世界をリードし始めています。実に様々な方法でね。2020年度卒業生の皆さん、おめでとう。引き続き、私達の自慢の皆さんでいてください。」

全米300万人以上の卒業生を対象にしたこの日のイベントは1時間にわたってテレビ中継され、NBAのレブロン・ジェームズ選手、俳優ケヴィン・ハートらによるメッセージのほか、ジョナス・ブラザーズ、デュア・リパ、アリシア・キーズらのパフォーマンスなど盛りだくさんの内容で行われた。

画像は『Barack Obama 2020年5月16日付Twitter「Congrats to the high school Class of 2020, as well as to the teachers, coaches, and most of all, parents and family who’ve guided you along the way.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)