マドンナ「抗体があるから大丈夫」とマスクなし、松葉杖で抗議デモに参加

マドンナ「抗体があるから大丈夫」とマスクなし、松葉杖で抗議デモに参加

マドンナ「抗体があるから大丈夫」とマスクなし、松葉杖で抗議デモに参加の画像

“クイーン・オブ・ポップ”ことマドンナが現地時間6日、英ロンドンで行われた抗議デモに参加した。「アメリカだけでなく世界中で起こっている歴史的ムーブメントを、子供達が自身の目で直視することが大切」というマドンナはこの日、両手に松葉杖を携えながらの参加となったデモ風景をInstagramで公開した。


白人警官による非人道的な暴力によりジョージ・フロイドさんが命を落とした事件を受け、全米各地で抗議デモがさかんに行われている。この動きはアメリカ国内にとどまらず、アジアやヨーロッパ、オセアニアにまで拡大しており、“Black Lives Matter”(黒人の命は大切)、“White Silence Is Violence”(白人の沈黙は暴力)といったメッセージを掲げながら、世界各地でマイノリティーの権利や平等を求めるデモが起こっている。

長女ローデス、長男ロッコに加え、マラウイから迎えた黒人の養子4人の母でもあるマドンナは英時間6日、子供達とともにロンドンで行われた抗議デモに参加した。靱帯の損傷や膝の痛みを抱えているマドンナは両手に松葉杖を携えながらの参加となったが、のちに

「家族とイギリスで平和的な抗議デモに参加しました。国会議事堂からダウニング街10番地(英国首相官邸の代名詞)までを歩きました。」
「あの場所で過ごすことができて光栄でした!! アメリカだけでなく世界中で起こっている歴史的ムーブメントを、子供達が自身の目で直視するのは大切なことです。」

とInstagramに綴り、さらに#davidbanda #mercyjames #estere #stellaと4人の子供達の名前を添え、抗議デモの様子や街の人達のリアルな姿を収めた写真を多数公開している。

Twitterには現在、思いがけずマドンナと遭遇したファンらによる動画も多数アップされている。それらの中にはマドンナが“No Justice, No Peace”(正義なくして、平和はない)と声をあげながら歩いたり、マスクを着用せずに超至近距離で人々と会話をしたり、

「私の体には抗体があるから大丈夫」

などと告げながらファンとハグをする姿も見られた。

人種差別に対し声をあげ、決して万全とは言えない体調ながらも抗議デモに臨んだマドンナを支持する人々がいる一方で、

「こんな人混みの中をマスクなし、しかも松葉杖で参加するなんて無謀すぎる」
「子供をコロナのリスクに晒しても平気なの?」
「ソーシャル・ディスタンシングもあったもんじゃない!」

といった批判も多く寄せられる結果となってしまった。

マドンナは先月ジョージ・フロイドさんが亡くなった際、警官がジョージさんの首を膝で9分間近く押さえつける動画に対し、

「最近見た中で一番不快で、胸が張り裂けそうなくらい悲しい」
「アメリカから人種差別がなくなるまで、銃の所持を禁じるべき」
「警察なんてクソ喰らえ!」

と声をあげるも、ジョージさんへのトリビュートとしてのちにアップしたデヴィッドくんのダンス動画が、

「ダンスで人種差別がなくなるって言いたいわけ?」
「全くお門違いの投稿」
「ダンスは上手いけど、ジョージさんの失われた命とどう関係が?」

などと猛バッシングを浴びたばかりだった。

画像は『Madonna 2020年6月7日付Instagram「Peaceful Protest with the Fam in The U.K. We marched from Parliament to 10 Downing street.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)