ウィリアム王子、約3か月ぶりの対面式公務で地元救急隊員らをねぎらう

ウィリアム王子、約3か月ぶりの対面式公務で地元救急隊員らをねぎらう

ウィリアム王子、約3か月ぶりの対面式公務で地元救急隊員らをねぎらうの画像

イギリスでのロックダウン一部緩和を受け、英王室ウィリアム王子が現地時間16日、約3か月ぶりに対面式の公務を再開した。この日は自宅からほど近い「キングズ・リン・アンビュランス・ステーション」を訪問、新型コロナウイルスの最前線で活躍を続ける救急隊員らに直接感謝の言葉を伝えた。


3月半ばの公務を最後に、自宅からビデオ通話などを利用したリモート公務が続いていたウィリアム王子。このほどイギリスでロックダウンが一部緩和されたことを受け、現地時間16日に対面式の公務を再開した。

ウィリアム王子がこの日訪れたのは、現在一家が自主隔離中のノーフォーク州アンマーホールの別荘からほど近い「キングズ・リン・アンビュランス・ステーション」だ。到着後すぐに検温と手の洗浄を済ませると、ウィリアム王子は同ステーションの救急隊員らとソーシャルディスタンスを保ちながら輪になって談笑した。他の地域の医療従事者と同様、こちらの救急隊員も3月から激務を強いられているが、隊員らは地元住民やローカルビジネスからの協力、またボランティアネットワークによるサポートを受けながら、ノーフォーク州、サフォーク州、エセックス州などおよそ620万人の住民の健康を支えている。そんな彼らが自身のメンタルヘルスや健康面などについて語ると、かつて「The East Anglian Air Ambulance」で救急パイロットとして働いていたウィリアム王子は、彼らの話に熱心に耳を傾けた。

時折、

「地元のパブに出かけて、ビールが飲めるようになる日が待ち遠しいですよ。」
「大量のチョコレートやケーキで、この国のウエストのラインが心配です。」

などとジョークを披露したウィリアム王子は、自主隔離中は自身もベーキングにはまっていると明かし、

「特にチョコレートは、あっという間になくなってしまいますからね。」

と自他共に認める甘党らしい発言で場を和ませていた。

3か月ぶりに対面式の公務で、新型コロナウイルスの最前線で活躍を続ける救急隊員からリアルな声を聞いたウィリアム王子は、これまでの激務に対する感謝の気持ちを伝えると、

「あなた達もどうぞ体には気をつけてください」

と彼らをねぎらい「キングズ・リン・アンビュランス・ステーション」をあとにした。

この日の公務のもようは英王室公式YouTubeチャンネル『The Royal Family Channel』で公開されており、ソーシャルディスタンスを守りながら身振り手振りで隊員らと会話をするウィリアム王子の姿を見ることができる。優しい眼差しで1人1人を見つめながら、彼らの気持ちに寄り添う王子の姿には、

「亡きダイアナ妃の面影を感じる」
「ウィリアムが国王になる日が待ち遠しい」
「早速公務を開始したウィリアム王子は素晴らしい」

など多数の称賛コメントが寄せられた。

ちなみにこの日、対面式の公務を再開したのはウィリアム王子だけではない。父チャールズ皇太子とカミラ夫人はイギリス南西部の「グロスターシャー・ロイヤル・ホスピタル」を訪問し、パンデミックの最前線で働くおよそ20名のヘルスワーカーらと30分ほど談笑、彼らに直接感謝の気持ちを述べた。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年6月16日付Instagram「Thank you to the staff of Kings Lynn Ambulance, Queen Elizabeth Hospital for welcoming The Duke of Cambridge to their ambulance station, and sharing so candidly their experiences over recent months in responding to the COVID-19 outbreak.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)