レオナルド・ディカプリオ、恋人の23歳誕生日を豪華に祝うも“超年下&ヨット好き”に呆れる声

レオナルド・ディカプリオ、恋人の23歳誕生日を豪華に祝うも“超年下&ヨット好き”に呆れる声

レオナルド・ディカプリオ、恋人の23歳誕生日を豪華に祝うも“超年下&ヨット好き”に呆れる声の画像

俳優レオナルド・ディカプリオが、恋人カミラ・モローネの23歳の誕生日を祝してロサンゼルスで豪華なヨットクルーズパーティーを開いていたことが分かった。相変わらずの年下好き、そしてヨットクルーズ好きには「いつものパターン」「乗せる相手とヨットのモデルが変わるだけで、やってることは毎回一緒」と辛辣なコメントが寄せられている。


超美少年俳優として注目を集めたレオナルド・ディカプリオは現在45歳。ジゼル・ブンチェンをはじめ数々のモデル達を虜にし、華やかなロマンスを繰り広げてきたレオも今では正真正銘の“中年”だが「若くて美人のモデル好き」は健在で、2017年からは女優としてのキャリアを開花させ始めたカミラ・モローネと交際中だ。

20歳以上もの年齢差のロマンスが注目を集めている2人、今月16日にはカミラが23歳の誕生日を迎えたことを記念し、レオが豪華なヨットクルーズパーティーを開いたことを『Page Six』などが伝えた。それによると、女優ニーナ・ドブレフやスノーボードの五輪メダリスト、ショーン・ホワイトらセレブ仲間を同乗したヨットは、19日の午前11時頃にロサンゼルス北のヨットハーバー「マリーナ・デル・レイ」をマリブ方面へ向かって出発、一行は午後4時半頃までクルーズを楽しんだという。『Page Six』にはデニムのミニドレスにパーカーを羽織ったカミラと、ジーンズにサンダル、マスクを着用したレオがともにハットをかぶって歩く姿が公開されている。

レオとカミラは先週、ロサンゼルスのスーパーに食材の買い出しに寄ったところをキャッチされたばかり。車に食材を詰め込み、買ったばかりのピザを車内でほおばる様子が伝えられるなど、自主隔離生活中も順調な交際ぶりをうかがわせていた。

しかし今年11月に46歳の誕生日を迎えるレオとその半分の年齢である23歳のカミラの交際については、

「お互いに対して、それぞれ思惑があるのがミエミエで、見ていて不快」
「毎回若い子ばっかり相手にしているレオには呆れる」

といった批判的な意見も多い。

レオは過去にも、モデルなど美しい外見を持つ若い女性限定の豪華クルーズを満喫する姿が何度となくキャッチされてきた。そのため今回のバースデークルーズにも、

「若い女性&ヨット。これっていつものレオのパターンだよね」
「乗せる相手とヨットのモデルが変わるだけで、やってることは毎回一緒」
「根っからの年下好きなのが気持ち悪い」

といった辛辣なコメントが相次いでいる。

ここまで批判されているカミラ・モローネだが、本人は昨年12月の『Los Angeles Times』のインタビューで、

「ハリウッドには、それに世界的に見たってずいぶん年齢差のあるカップルはたくさんいるのに。付き合いたいと思った相手と(年齢差を気にせず)自由に交際できる世の中であるべきだと思う。」
「人は交際相手じゃなくて、まずはその人自身の中身で判断されるべき。」

と世間の風潮に不満を漏らしていた。

「来年は違う相手をヨットに乗せていても驚かない」との声も聞こえてくる、超年の差カップルのレオナルド・ディカプリオ&カミラ・モローネ。父娘ほど年の離れた2人のロマンスに、果たしてハッピーエンドは訪れるのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)