ジョージ王子のゴッドマザー、故ダイアナ妃への思いを込めた玩具をプレゼント

ジョージ王子のゴッドマザー、故ダイアナ妃への思いを込めた玩具をプレゼント

ジョージ王子のゴッドマザー、故ダイアナ妃への思いを込めた玩具をプレゼントの画像

ジョージ王子(7)のゴッドマザー、ジュリア・サミュエルさん(60)がポッドキャストに出演し、ジョージ王子の誕生日に「騒がしくて組み立てが難しい玩具」を贈ったことや、友人であった故ダイアナ妃への思いを語った。


英時間1日、ロンドンの心理療法士ジュリア・サミュエルさんがポッドキャスト『How To Fail With Elizabeth Day』に出演し、ジョージ王子とのエピソードや故ダイアナ妃への思いを語った。ジュリアさんは1987年の夕食会で故ダイアナ妃と対面して以来仲良くなり、ジョージ王子のゴッドマザーに選ばれた。

「ジョージ王子は素晴らしいわ。面白くて、元気が良くて、生意気で。ダイアナは彼のことをとても愛したでしょうね。みんなにとって、胸が張り裂けそうなことだけれど。」

故ダイアナ妃はジュリアさんの息子のゴッドマザーであり、生前は組み立てるのが難しい玩具を息子さんに贈ってくれたという。ジュリアさんは、そんなダイアナ妃の習慣をウィリアム王子一家へと引き継いだのである。

「私は、ダイアナが私達にしてくれたのと同じようにしています。ジョージ王子には、すごく騒がしくて組み立てるのに時間がかかるという、不可能に近い玩具をプレゼントしているのです。」
「あまりの大きさによろよろしながらプレゼントを持って行くと、ウィリアム王子が何日もかけて組み立ててくれるのです。」
「そして機械をすべて繋げると、ひどい警笛音とともにライトが点滅するのです。私とジョージ王子は大笑いするのですよ。」

ジュリアさんはその後、友人であった故ダイアナ妃についてもこのように話している。

「今振り返って思うことは、当時は今とはまったく正反対のことを考えていたということです。当時はダイアナ妃に会ったことのない人々が号泣していることに憤りを感じたのです。筋が通らないと思いました。」
「でも人々がダイアナ妃をとても身近に感じているということに、そう時間はかかりませんでした。彼女の傷付きやすさに共感していたのです。素晴らしい賛辞ですよ。」
「1人の人間が世界を変えられるわけはないと思いますよね。そんな時に、彼女のような人が現れた。オープンで正直で傷付きやすく、自分らしい人。そんな彼女が世界やイギリスに変化をもたらしました。永遠に続く影響を、私達に与えてくれたのです。」

当時は世間の反応を本能的に受け付けることができなかったが、今では大変誇りに感じているという。ジュリアさんはジョージ王子の7人のゴッドペアレンツの1人であり、これまでに心理療法に関する3冊の本を出版している。さらにウィリアム王子がロイヤル・パトロンである慈善団体「Child Bereavement UK」の創設者、パトロン、理事も務めている。

画像は『Duke and Duchess of Cambridge 2020年6月20日付Instagram「The Duke and Duchess of Cambridge are very pleased to share a new picture of The Duke with Prince George, Princess Charlotte and Prince Louis ahead of The Duke’s birthday tomorrow.」』『JULIA SAMUEL MBE 2020年5月29日付Instagram「So The 7 Year Itch is a thing; we tend to change and adapt every seven to ten years.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)