ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、故ダイアナ妃の命日にLAのプリスクールでガーデニングを手伝う

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、故ダイアナ妃の命日にLAのプリスクールでガーデニングを手伝う

ヘンリー王子・メーガン妃夫妻、故ダイアナ妃の命日にLAのプリスクールでガーデニングを手伝うの画像

米時間8月31日、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻がロサンゼルス市内のプリスクールを訪れ、子供達と一緒にガーデニングなどを楽しんだ。故ダイアナ妃の23回目の命日だったこの日、夫妻は亡き母へのトリビュートとして妃が生前愛した忘れな草の種を植えたそうだ。


米時間8月31日、ロサンゼルス市内のプリスクール「Assistance League of LA」がInstagramに複数の写真をアップした。そこにはマスクを着用しブルーのシャツ&ジーンズスタイルのヘンリー王子とメーガン妃が幼い子供達とガーデニングに勤しむ姿が写っていた。

「Assistance League of LA」はロサンゼルスエリアに暮らす低所得家庭の未就学児を対象に、100年以上にわたって質の高い教育を提供している団体で、メーガン妃の母校「イマキュレート・ハート・ハイスクール」にほど近い場所にある。そんな妃の地元にある同スクールへは過去にも夫妻揃って足を運んだことがあるが、今回は恒例行事であるガーデニングのお手伝いのために訪れたようだ。

「Assistance League of LA」のInstagramには、

「昨日はサセックス公爵ご夫妻によるご訪問という、我がプリスクール・ラーニング・センターの子供達にとって素晴らしいサプライズがありました!」

と綴られており、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻がブルーのシャツを腕まくりし、ジョウロで水やりをする子供のそばで土と戯れる姿などが公開されている。夫妻は子供向けの歌をBGMに、歌を口ずさんだりダンスを披露する元気な子供達に囲まれながら、ペチュニアやカリフォルニア・ワイルドフラワー、トマト、かぼちゃ、さやえんどうなどを植える手伝いをしたそうだ。夫妻は子供達と自然について、また健康な食生活について話し合ったほか『ジャックと豆の木』などの絵本の読み聞かせにも挑戦したという。

子供も大人も揃って和やかな時間を過ごしたようで、関係者はのちにこの日のことを

「全員が手を泥だけにして土を掘り、種や苗を植えました。」
「(『ジャックと豆の木』の読み聞かせ場面では)みんな声を出して笑っていましたよ。」

と明かしている。

ちなみに夫妻が「Assistance League of LA」を訪れた8月31日は、ヘンリー王子の母ダイアナ妃の命日にあたる。1997年8月31日、パリ・アルマ橋下のトンネル内で妃が交通事故死を遂げた日から今年で23年が経った。そんな特別な日にヘンリー王子は亡き母が大好きだった忘れな草の種を持参し、同スクールの庭に植えたそうだ。

なおヘンリー王子とメーガン妃が、故ダイアナ妃へのトリビュートとして忘れな草をフィーチャーしたのは今回が初めてのことではない。2018年のロイヤルウエディングでメーガン妃のブーケに忘れな草が使用されたほか、2019年5月にメーガン妃が初めて母の日を迎えた際には、夫妻が当時の公式Instagramにアーチーくんの小さな足のアップ画像を公開、バックには可憐な忘れな草の花が写っていた。アフリカのHIV患者である子供達の心の健康サポートに尽力したいという故ダイアナ妃の遺志を継ぎ、2006年にヘンリー王子がレソトのセーイソ王子と設立したチャリティー団体「Sentebale」は「ソト語」で“忘れな草”を意味している。

慣れ親しんだ故郷イギリスと王室での暮らしを捨て、愛する妻メーガン妃、アーチーくんとともに海を渡ったヘンリー王子。新天地でのコミュニティーに根付いた活動を通じて新たなルーツを切り開いていこうとするそんな息子の姿を、ダイアナ妃もきっと天国から温かく見守っていることだろう。

画像は『Assistance League of LA 2020年9月1日付Instagram「The children of our Preschool Learning Center got a wonderful surprise when The Duke and Duchess of Sussex visited yesterday!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)