エリザベス女王、10月からバッキンガム宮殿で限定的な公務を再開へ

エリザベス女王、10月からバッキンガム宮殿で限定的な公務を再開へ

エリザベス女王、10月からバッキンガム宮殿で限定的な公務を再開への画像

8月から夏季休暇でスコットランドのバルモラル城に滞在しているエリザベス女王(94)とエディンバラ公フィリップ王配(99)が、休暇を終えることになった。2人は今月14日にバルモラル城を発ち、英ノーフォーク州のサンドリンガムに滞在する予定だ。女王は10月にはウィンザー城に戻り、その後バッキンガム宮殿で限られた公務を再開する意向を示しているという。


エリザベス女王は自主隔離するため3月19日にロンドンのバッキンガム宮殿を離れ、夫のフィリップ王配とロンドンから約35キロ西にあるウィンザー城で約4か月間を過ごした。8月になると夫妻は毎年恒例の夏季休暇を過ごすため、スコットランドのアバディーンシャーにあるバルモラル城へと移動し、プライベートな時間を過ごしている。今月14日にはスコットランドを発つ予定だが、その後女王はバッキンガム宮殿に直接戻らず、英ノーフォーク州に所有する私邸サンドリンガム・ハウスに滞在するそうだ。

王室の広報担当者は、このことについて『People』に声明文を送っている。

「女王と王配は14日にバルモラル城を離れ、英ノーフォーク州のサンドリンガムにある私邸でプライベートな時間を過ごすつもりです。」
「秋のプログラムの最終決定を受けて、女王陛下は10月にウィンザー城に戻り、バッキンガム宮殿で特別なゲストの来訪や行事の時だけ宮殿に向かう予定です。」
「これらの計画は常に見直しが行われ、当然ながら全てがガイダンスやアドバイスに基づいて実施されることになります。」

エリザベス女王とフィリップ王配が滞在する予定のサンドリンガムは、ロンドンから北へ160キロほど離れた場所にある。この土地にある王室の私邸サンドリンガム・ハウスは、クリスマスの行事や冬期休暇を過ごすため伝統的にエリザベス女王や王室メンバーが使用している。女王は毎年夏季休暇をスコットランドで過ごしているが休暇後はバッキンガム宮殿に戻るため、サンドリンガムを訪れるのは異例のこととなる。

フィリップ王配は2017年に王室公務から引退しており、サンドリンガムでの生活を好んでいたようだ。なお夫妻がサンドリンガムに滞在した後、フィリップ王配がエリザベス女王と一緒にウィンザー城に向かうのか、サンドリンガムに留まるのかは明らかになっていない。

エリザベス女王とフィリップ王配は、3月からウィンザー城で一緒に自己隔離生活を送り、8月からはスコットランドで休暇を共にするなど、通常よりも多くの時間を一緒に過ごした。

英王室の情報筋は「パンデミック以前、バッキンガム宮殿で暮らしていた女王はサンドリンガムに住む王配をできるだけ多く訪問していました。ロックダウンで一緒に生活することになり、より多くの時間を一緒に過ごすことができて喜んでいるようです」と述べている。

画像は『The Royal Family 2020年6月13日付Instagram「Did you watch Her Majesty’s Official Birthday ceremony at Windsor Castle this morning?」、2020年6月9日付Instagram「This new photograph of The Duke of Edinburgh and The Queen was taken last week in the quadrangle at Windsor Castle to mark His Royal Highness’s 99th birthday tomorrow.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)