ケヴィン・ハート、故コービー・ブライアントとバスケの強化合宿に参加した少年時代を語る

ケヴィン・ハート、故コービー・ブライアントとバスケの強化合宿に参加した少年時代を語る

ケヴィン・ハート、故コービー・ブライアントとバスケの強化合宿に参加した少年時代を語るの画像

コメディアン兼俳優のケヴィン・ハートがこのほど米トーク番組に出演し、生前親交のあった元NBA選手コービー・ブライアントとの懐かしい思い出を明かした。


米時間9日、コメディアン兼俳優のケヴィン・ハートが人気トーク番組『Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演した。ケヴィンは番組の中で、今年1月にヘリコプターの墜落事故で亡くなった元NBA選手のコービー・ブライアント(享年41)との思い出に触れた。NBAのスーパースターだったコービーはハリウッドセレブと広い交友関係があったが、ケヴィンがコービーの“尋常ではない”バスケットボールの才能に気付かされたのは子供の頃、ある年の夏に参加したバスケットボールの強化合宿だったという。

プロのバスケットボール選手になりたい―そんな夢を少年時代に追いかけていたケヴィンはある夏、優秀なアスリート達が集う招待制の強化合宿にしたそうだ。そこには若きコービーも参加しており、当時から彼のバスケットボールの上手さは群を抜いていたという。ケヴィンは彼の素晴らしいプレーを目の当たりにし「自分の才能の無さを思い知らされた」「プロになる夢が打ち砕かれた」とその時の強烈な印象を振り返った。

「まぁ正直に言っちゃうと、身長が伸びなくなったっていうのも理由の1つなんだけどね。」

と冗談交じりに語った身長163cmのケヴィンはさらに、コービーの才能がいかに突出していたかを物語る驚きのエピソードをこう明かしている。

「強化合宿中、コービーはずっと左手しか使っていなかったんだ。」
「それでも左手しか使わせてもらえてなかった彼が、一番上手だった。」

他の選手とあまりにもレベルが違いすぎたため、利き手の右手を使わせてもらえなかったコービー。しかしそんなハンデを物ともせずに、華麗なボールさばきで他の参加選手達の目を釘付けにしていたようだ。

コービーの比類なき才能を前に自分の実力不足を思い知らされたケヴィン、しかし合宿期間中は子供らしい楽しい思い出もあったようだ。ケヴィンはコービーとルームメイトだったそうで、

「夜中にイタズラしたり、他の人の部屋に忍び込んだり、ケンカ沙汰を起こしたりね。コービーと2人で色々やらかしたなぁ。」

と忘れられない一夏の思い出を懐かしがるのだった。

コービーの死後、度々自身のInstagramに彼や遺族の家族写真などをアップし「心が痛い」「レジェンドは不死身だ!!!!」「永遠に愛している…」と追悼メッセージを綴ってきたケヴィン。この日披露した懐かしのエピソードも、天国の友人の耳にきっと届いていることだろう。

存命であれば、先月に42回目の誕生日を迎えるはずだったコービー・ブライアント。カリフォルニア州オレンジ郡の監督委員会は、誕生日の翌日であり、かつ現役時代の背番号だった「8」と「24」にちなんだ8月24日を「コービー・ブライアント・デー」に制定した。多くのファンが先月24日、生前の偉業を称えたり、各地の壁画巡りなどをしながら故人を偲んでいた。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)