メーガン妃、BLMドキュメンタリーでNetflixプロデューサーデビューか

メーガン妃、BLMドキュメンタリーでNetflixプロデューサーデビューか

メーガン妃、BLMドキュメンタリーでNetflixプロデューサーデビューかの画像

今年3月に英王室を離脱したヘンリー王子・メーガン妃夫妻が、先日大型契約を交わした「Netflix」を通じて本格的に映像制作に乗り出すようだ。メーガン妃はなかでも「Black Lives Matter(BLM)」創設者の1人である女性にスポットライトを当てたドキュメンタリー番組の制作に意欲を見せていることを英紙『Mirror』などが伝えている。


今月初め、映像ストリーミング配信大手「Netflix」と複数年におよぶ大型契約を結んだことが報じられたヘンリー王子・メーガン妃夫妻。2人は今後、独自に設立した夫妻のプロダクション会社を通じてドキュメンタリーや映画、子供向け番組などの制作に携わる予定だそうで、一部では夫妻の「Netflix」との契約金は5000万ドル(約53億円)〜1億5000万ドル(約159億円)と伝えられている。

そんな夫妻は、ノンフィクションや家族向け番組など有益かつポジティブな作品を幅広く提供していく意向で、それらを通じて人々に希望を与えたり、何かしらのアクションを起こすきっかけとなるような力強いコンテンツの提供に尽力していきたい―と抱負を明かしていたが、どうやらメーガン妃は「Black Lives Matter(BLM)」創設者の1人パトリス・カラーズさん(パトリッセ・カラーズさん/Patrisse Cullors)の生き様に焦点を当てたドキュメンタリー番組の制作に意欲をのぞかせているようだ。

アーティスト、作家として活躍する傍ら、アリシア・ガルザさん、オパール・トメティさんとともに2013年に「Black Lives Matter(BLM)」を創設したパトリスさんは、ロサンゼルス出身の36歳。パトリスさんは2012年、当時17歳の黒人青年トレイボン・マーティンさんがフロリダ州の住宅街にて自警団員ジョージ・ジマーマンと口論の末に胸を撃たれ死亡した事件で、殺人罪に問われたもののジマーマン被告に無罪評決が下ったことに異議を唱え「Black Lives Matter(BLM)」を立ち上げた。

関係者が英紙『Mirror』に伝えたところによれば、バイレイシャルとして育ったメーガン妃は同郷・同世代のパトリスさんの活動に大変感銘を受けたそうで、「彼女の偉業はぜひ世に広く伝えられるべき」とドキュメンタリー番組の制作を熱望しているそうだ。

またヘンリー王子の方も映像制作には興味津々な様子で、『アポロ13(1995年)』『ビューティフル・マインド(2001年)』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年)』などで知られるロン・ハワード監督を崇拝し、自主隔離期間中には自ら映画制作のオンラインコースを受講するほどのめり込んでいるという。

メーガン妃は今年6月、1999年に卒業した母校「イマキュレート・ハート・ハイスクール」のバーチャル卒業式にビデオメッセージを通じて登場した際に、ジョージ・フロイドさん殺害事件やロドニー・キングさん暴行事件に言及したほか、米ウィスコンシン州マディソンの路上で白人集団から人種差別的な言葉を浴びせられた上に顔にやけどを負わされたヘイトクライム(憎悪犯罪)の犠牲者アルシア・バーンスタインさんにコンタクトを取り、励ましのメッセージを送るなど人種問題について積極的に発言している。

そんな妃の姿に「メーガンは今後、公民権活動家としても活躍の場を広げていくのではないか?」との見方が強まっていたなかで浮上した、このたびの「Black Lives Matter(BLM)」を題材にしたNetflixプロデューサーデビュー報道。これがヘンリー王子・メーガン妃夫妻にとって果たして吉と出るか、凶と出るか。今後の夫妻の動向には、引き続き注目が集まりそうだ。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年8月4日付Instagram「Wishing HRH The Duchess of Sussex a very Happy Birthday」』『Patrisse Cullors-Brignac 2020年8月31日付Instagram「Thank you @adweek for this amazing honor.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)