シャロン・ストーン(62)出会い系アプリでの恋活を激しく後悔「恋の駆け引きはテクノロジーに奪われた!」

シャロン・ストーン(62)出会い系アプリでの恋活を激しく後悔「恋の駆け引きはテクノロジーに奪われた!」

シャロン・ストーン(62)出会い系アプリでの恋活を激しく後悔「恋の駆け引きはテクノロジーに奪われた!」の画像

一時は出会い系アプリを使った“恋活”にノリ気だった女優のシャロン・ストーンだが、実際にいい手応えは得られなかったようだ。『The Telegraph Magazine』のインタビューで自らの体験を明かしたシャロンは、「オンラインの出会いはこりごり」「リアルな恋がしたい!」と本音を語った。


映画『氷の微笑』(1992年公開)で妖艶な魅力を振りまき、一大センセーションを巻き起こした女優のシャロン・ストーン(62)。セクシーな魅力は還暦を過ぎた現在も衰えるところを知らず、その“美魔女ぶり”は年齢を重ねるごとに加速中だ。2度の離婚を経て、かつて養子に迎えた3人の息子達をこれまでシングルマザーとして育ててきたシャロンだが、三男がティーンエイジャーへと成長した近年は、出会い系アプリを使った“恋活”に積極的な姿勢を見せていた。

昨年12月にSNS上でマッチングアプリ「Bumble」(バンブル)に登録したことを明かした際には、

「アプリなんて使わなくても、引く手あまただろうに…」
「よりによってなぜ一般人が使う『Bumble』なんだ?」
「ぜひディナーをご馳走させて!」
「アプリなんて必要ない。僕に直接連絡を!」

などと大反響を集めたシャロン。しかし同アプリを使った実際の“恋活”は、本人の期待とはかなりかけ離れたものだったようだ。

「もう、本当に何から何まで最悪だったわ。最悪すぎて、出会い系サイトでの自分の経験を短編小説にして書きたいくらいよ。」

『The Telegraph Magazine』のインタビューでそう語ったシャロンは、

「こういうサイトの影響で、みんな人との関わり方がどんどん下手になっていってるのよ。」
「ディナーでの振る舞い方とか、恋愛関係にいることの意味、相手への接し方、今の人達はそういうことすら知らないんだもの。私は自分の恋人と“メールを交わす関係”を望んでるんじゃないの。そんなの惨めだわ。」

と続けた。

ソーシャルメディアの浸透により、リアルな世界での人との関わりがますます希薄になる昨今、シャロンはときめきやスリルといった本当の意味での恋愛の醍醐味は、バーチャルではなく現実の世界でこそ起こるものであり、スキンシップを通じて思わせぶりなアクションをするといったリアルな恋の駆け引きは、テクノロジーによって奪われてしまった―と指摘している。シャロンはこのような思考に「年齢は一切関係ない」と断言しつつ、昔は魅力的な女性に対し男性が口笛を吹いたり、意中の人とイチャイチャしたりといった駆け引きが楽しめたが、受動的な恋愛アプローチが主流の現在は「口笛を吹く人すらいない」「面と向かってモーションをかけることもしない」と現代の恋愛に対する意識の希薄さを嘆くのであった。

2018年には19歳年下の恋人との交際が発覚し話題を集めるも、以降は目立ったロマンスの噂は立っていないシャロン・ストーン。今後はバーチャルな世界で起こった散々な“恋活”エピソードを綴った短編小説の出版と、リアルな世界での“恋活”に奮闘する彼女の姿に期待したいものだ。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)