エリザベス女王、7か月ぶりに王宮外で公務を行う 来客名簿に記名し「これで私が来たことが証明された」と笑顔

エリザベス女王、7か月ぶりに王宮外で公務を行う 来客名簿に記名し「これで私が来たことが証明された」と笑顔

エリザベス女王、7か月ぶりに王宮外で公務を行う 来客名簿に記名し「これで私が来たことが証明された」と笑顔の画像

エリザベス女王(94)が、7か月ぶりに王室の敷地外に出て公務を行った。女王は孫のウィリアム王子(38)に付き添われ、英国での新型コロナウイルス感染症対策に取り組む科学者達を訪問した。女王が王宮の外で公務を行うのは、今年3月に行われたコモンウェルス・デー以来となる。


現地時間15日午前、エリザベス女王がウィリアム王子と共に英ソールズベリー近くのポートンダウン施設にある「防衛科学研究所(Defence Science and Technology Laboratory)」を訪問した。

2人は研究所で、2018年に起きた化学兵器の神経剤「ノビチョク」によるロシアの元スパイ親子の毒殺未遂事件(ノビチョク事件)に対応した科学者らと対面した。現在彼らは、英国内での新型コロナウイルス対策にも取り組んでいる。

エリザベス女王が王宮の外で公務を行うのは、3月9日にウェストミンスター寺院で行われたコモンウェルス・デー以来7か月ぶりとなる。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、女王は3月にバッキンガム宮殿からウィンザー城へと住居を移していた。

ロックダウン中はビデオ通話でオンライン公務を行ったほか、女王の公式誕生日を祝う祝賀式典「トゥルーピング・ザ・カラー」や、NHS(国民保健サービス)への寄付金を集めたトム・ムーア卿への勲章授与式などはウィンザー城の敷地内でこぢんまりと行われた。

この日、研究所に到着した女王は来客名簿に名前を記入し「これで、私達が来たことが証明されましたね」と笑顔で語ったという。

今回の訪問に先立ち、女王を新型コロナウイルス感染から防ぐために安全対策が強化された。女王と王子に接触する予定の48人全員は事前に国防科学技術研究所で検査を受け、全員の陰性結果が判明している。

現地へは女王がヘリコプターで向かい、ウィリアム王子は車で到着した。女王と王子をはじめ他の出席者達もマスクを着用していなかったが、それぞれがソーシャルディスタンスを守りながら公務が行われた。

王室の広報担当者は「具体的なアドバイスは医療関係者や関係当事者から求めており、すべての必要な予防措置は国防科学技術研究所と密接に連携して取られています」と述べている。

エリザベス女王とウィリアム王子はこの日、ポートンダウン施設内に新規開設した「エネルギー解析センター(Energetics Analysis Centre)」も訪問した。同センターは数百人の科学者が研究と分析を行い、爆発物に関するテロや犯罪の脅威から英国を守るための最先端の建物だ。

2人は英国でのパンデミックの対応に不可欠なサポートを提供する科学者達と対面し、分析研究分野での作業や検査能力を高めるためにNHS病院に微生物学者を派遣することなどについて話した。

ウィリアム王子は、「ノビチョク事件」の神経剤の特定とその後の片付けに関与した研究所のスタッフや軍のメンバー、テロ対策とセキュリティメンバー達の仕事を評価し、英国陸軍「102 Logistic Brigade」の代表者に「The Firmin Sword of Peace」賞を贈呈した。

画像は『The Royal Family 2020年10月15日付Instagram「The Queen, accompanied The Duke of Cambridge, this morning visited the Defence Science and Technology Laboratory(Dstl), Porton Down, and formally opened the new Energetics Analysis Centre.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)