キム・カーダシアン、4年前のパリ強盗被害を涙ながらに回想「姉が死んだ私を見たらと思うと…」

キム・カーダシアン、4年前のパリ強盗被害を涙ながらに回想「姉が死んだ私を見たらと思うと…」

キム・カーダシアン、4年前のパリ強盗被害を涙ながらに回想「姉が死んだ私を見たらと思うと…」の画像

キム・カーダシアン(39)が2016年にパリで被害に遭った強盗事件を回想し、涙を流しながら語った。滞在先のホテルで強盗団に襲われたキムは、「姉のコートニーが死んだ私を見つけて、一生トラウマになる」と恐怖に怯えたことや、事件後1年間は酷い被害妄想に襲われたことなどを激白した。『US Weekly』『Mirror』などが伝えている。


現地時間21日に放送予定のNetflixシリーズ『My Next Guest Needs No Introduction With David Letterman』にキム・カーダシアンがゲスト出演するが、司会者デヴィッド・レターマンと対談したもようの一部がメディアで紹介された。インタビューでキムは、2016年にパリに滞在中に遭った強盗被害について涙を流しながら回想した。

2016年10月、キムはパリで行われるファッションウィークに出席するため、所有するすべてのジュエリーをスーツケースに詰め込んだ。こんなことは今までにしたことが無かったという。被害に遭う1週間前には、夫カニエ・ウェスト(43)から指輪を贈られ、SNSで披露していた。

事件当日の夜、キムの姉コートニー・カーダシアン(41)は友人らとナイトクラブに出かけたが、たった1人のボディガードもコートニーが連れて行ってしまったそうだ。

ホテルの部屋で1人になったキムは夜中の3時頃、誰かが階段を上る音を聞いた。コートニーらが帰ってきたと思ったものの、すぐに違うことに気付いたという。

「誰かがそこにいて、私を捕らえようとしている。そう直感したのよ。」

キムは電話で警察に通報しようとしたところ、マスクをして警察官を装った強盗団が押し入り、数日前にカニエから贈られた指輪を渡せと要求した。

強盗団の1人がキムを捕らえたが、その時のキムはバスローブ1枚を纏っただけの姿だったことから「暴行されるのでは」と恐怖に怯えたことを告白し、涙を流した。

「レイプされる時が来たんだわ。取引みたいなものよ。起こり得るの。心の準備をすることにした。私、どうして泣いてるのかしらね。前にも話したのよ。彼らは私に手錠をかけて身体をバンドでぐるぐる巻きにし、口と目にガムテープを貼ったわ。」

武装強盗団に手足を縛られ銃口を向けられていた時も、キムはコートニーが戻るのではないかと気が気ではなかったという。

「コートニーのことをずっと考えていたわ。彼女が戻ってきて私が部屋で死んでいたら、彼女は一生このことがトラウマになるんじゃないかってね。」

キムは流れる涙を拭いながら「少しばかり泣いたことを省けば、私は全然平気よ。本当にね」と明かした。

事件を知らされた夫カニエは、ニューヨークでのツアーを中断し、急遽キムのもとへ駆けつけた。

キムは強盗事件後の1年間ほど酷い被害妄想に襲われたため6人の警備員を雇い、自宅豪邸の外を警備させたという。

なお総額10億円以上の宝飾品を奪った強盗団は、2017年1月に逮捕された。キムは彼らが逮捕された後、犯人らがこの事件に至るまで2年間にわたって自分の後を追っていたことが分かったという。彼らは以前にもキムを襲撃しようとしたが、カニエが一緒だったため犯行には至らなかった。

「強盗団の仲間がエレベーターやホテルのフロントにいたり、カメラを回す人やドアを壊す人、逃走車で待ち受ける人がいるなんて知らなかった。集団による計画的な犯行だったのよ。」

画像は『David Letterman 2020年9月23日付Instagram「Dave continues the conversation with a new season of #MyNextGuest featuring @kimkardashian @lizzobeeating @robertdowneyjr @davechappelle October 21, only on Netflix.」』『Kourtney Kardashian 2020年3月12日付Instagram「you’re the croissant to my pain au chocolat @kimkardashian」』『Kim Kardashian West 2020年9月11日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)