ドウェイン・ジョンソン、身体がデカすぎてポルシェ・タイカンに乗車できず 撮影現場は爆笑の渦

ドウェイン・ジョンソン、身体がデカすぎてポルシェ・タイカンに乗車できず 撮影現場は爆笑の渦

ドウェイン・ジョンソン、身体がデカすぎてポルシェ・タイカンに乗車できず 撮影現場は爆笑の渦の画像

『フォーブス』誌による「最も稼いだ俳優」に2年連続でトップに輝き、“ロック様”の愛称で親しまれる俳優ドウェイン・ジョンソン(48)。そんなドウェインが新作映画の撮影時に爆笑必至のハプニングが起きたようだ。


Netflixにて来年配信予定のアクションスリラー且つコメディ映画『レッド・ノーティス(原題:Red Notice)』。その主要キャストの1人であるドウェイン・ジョンソンは、撮影時にポルシェのEVスポーツカー「タイカン」が用意されたという。しかし身長約196センチ、体重約118キロと立派な体格のドウェイン、残念ながらタイカンに乗車することができず急遽構成を練り直すというハプニングが起きたそうだ。

ドウェインは撮影現場を大きな笑いで包み込み、その当時の様子を自身のInstagramにシェア。現地時間14日に投稿された写真にはドウェインがタイカンに乗り込もうとするシーンが写っており、爆笑ハプニングについて時系列で説明した。

まずは「体がデカ過ぎて“またもや”スポーツカーにフィットできず、撮影全体の構成を練り直す原因となったのは誰でしょう」と記したドウェインは、そのあとに「その答えは自分自身」と言わんばかりに手を挙げる男性の絵文字を並べている。

「Netflixで配信予定の僕達の“世界中を駆け巡る強盗スリラー”映画『レッド・ノーティス』のために、ローソン・マーシャル・サーバー監督(写真の中で地面に座ってカメラマンポーズをしている人物)がこの迫力のある追っかけシーンを書いたんだ。このシーンで俺はアイコニックなポルシェに乗って、最高にカッコいい男になるつもりだったんだが。」
「この車を海外から取り寄せるために大金を費やして何か月か撮影準備を続けてきた。そしてやっと凄まじい追っかけシーンのリハーサルができるぞって。」

海外から取り寄せたタイカンが撮影現場に届いたことで運転シーンのリハーサルを始めたのだが、実際にドウェインが乗車しようとしたところハプニングが起き、ドウェインはその爆笑シーンをこのように再現した。

ローソン監督「ヘイ、ドウェイン。このポルシェに乗ってくれ、それで撮影を始めよう。」

ドウェイン「よし、任せろ」
※ドウェインはここで車に乗り込もうとするが、背中が少々大きいため突っかかってしまう。

ローソン監督「(笑)」

※まるで巨大な茶色のマシュマロがコインスロットに押し込まれるように、ドウェインは何とか必死で乗り込もうとする。

ローソン監督「え? まさか乗れないの?」

ドウェイン「うん。」
※ここでローソンは苦笑いし始める。

ローソン「冗談じゃなくて?」

ドウェイン「ノー」

ローソン「オー・マイ・ゴッド!」

まさかの思わぬ出来事に撮影現場にいた全員を爆笑に包んだという。

なおドウェインがこのようなハプニングに遭うのは今回限りではない。HBOのドラマ『ballers / ボーラーズ』(2015年〜2019年)にて、フェラーリの「ラ フェラーリ(LaFerrari)」や「GTAスパーノ(GTA Spano)」といった高級スポーツカーが撮影時に用意されたものの、どの車もドウェインには小さすぎたそうだ。これらの過去の経験も踏まえて「“またもや”スポーツカーにフィットできなかった」と表現したドウェイン。しかし『レッド・ノーティス』に関してはアクションスリラーでもありコメディ映画だ。ドウェインの身体には小さすぎたタイカンだったが、ローソン監督とドウェインは“クリエイティブ”な方法で同車を用いて撮影に臨んだという。

画像は『therock 2020年11月11日付Instagram「McQueen inspired」、2020年11月14日付Instagram「Aaaaand guess who’s too big to fit in yet another sports car and now we have to change the entire shot sequence around」、2015年11月22日付Instagram「“She was a fast machine, she kept her motor clean – she was the best damn woman that I ever seen…”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MIE)