リアム・ペインが子育てを語る 愛息ベアくんは「ビッグサイズ」

リアム・ペインが子育てを語る 愛息ベアくんは「ビッグサイズ」

リアム・ペインが子育てを語る 愛息ベアくんは「ビッグサイズ」の画像

英出身シンガーのリアム・ペインが、先日行われたInstagramのライブ配信のなかで愛息ベアくんの子育てに言及した。ともに親権を持ち、愛息を育てるリアムと元恋人のシェリル・トゥイーディ(コール)、現在はパンデミックの影響も手伝い、2人による共同の子育てはかなり複雑なようだ。


英人気ボーイバンド「ワン・ダイレクション」出身のリアム・ペインは2017年、オーディション番組『Xファクター』で審査員を務めていたシェリル・トゥイーディ(コール)との間に男児を授かった。2人の関係はその後破局を迎えてしまったが、現在は共同親権を持ち、ともに“ベア・グレイ・ペイン(Bear Grey Payne)”くんを育てている。

2019年12月には、シェリルが自身のInstagramにベアくんと手をつないで歩く後ろ姿を収めた写真を投稿し、そのしっかりとした足取りやリアム譲りのゴージャスな髪に「すっかり大きくなってる!」「可愛い」と多数のコメントが寄せられた。シェリルは現在、ベアくん、実母ジョアンさんとともにバッキンガムシャーで暮らしているが、リアムも婚約者マヤ・ヘンリーと最近この近くに引っ越したことを英紙『Mirror』が報じており、昨年のクリスマスはリアムとともに過ごす予定であることをシェリル自らが明かしていた。

今月7日に行われたInstagramのライブ配信では、リアムが

「今日、ベアのところへ行って会ってきたよ。数週間会えてなかったから、ちょっとだけど会うことができて嬉しかったね。」

と愛息に言及する場面が見られた。互いに目と鼻の先に住んでいながらもパンデミックの影響により息子との面会は簡単には行かないようで、リアムはそんな状況におけるフラストレーションを

「会う前は毎回必ず検査を受けて、陰性であることを確認しないといけないんだ。」
「(パンデミック下でのシェリルとの子育ては)かなり複雑だよ。」

と吐露していた。

しかしそんな中でもベアくんはスクスクと成長中のようで、リアム曰く愛息は「かなりのビッグサイズ」とのこと。昨年12月の『People.com』のインタビューでは、

「息子は本当に素晴らしい子でね、今ちょうど自分っていう存在を確立しているところみたいなんだ。」

とベアくんが精神面でも目覚しい成長を遂げていることに触れたほか、

「個性を持った一人の人間として、彼が成長していく過程を見るのは嬉しいよ。」

と子育ての醍醐味を語っていた。先日はベアくんの通うスクールから成績表が届き、担任の先生とビデオ通話にて話し合う機会があったというリアム。かつて「ワン・ダイレクション」のメンバーとしてステージに立ち、世界中の女子を熱狂させていた彼も、今ではすっかり良きパパとして子育てを楽しんでいるようだ。

ちなみに3月で4歳の誕生日を迎えるベアくんのルックスは幼少期のリアムにそっくりだそうで、その酷似ぶりは

「僕が赤ちゃんの頃の写真を見ると、『この写真のベア、可愛いじゃない!』って家族ですら見間違えるほどなんだ。」

ということである。

画像は『Liam Payne 2021年1月7日付Instagram「For The Final Act this Saturday, I’m pleased to announce that @ninanesbitt, @clairerosinkranz and @rossharrismusic will be opening up the show for me」』『Cheryl 2019年12月20日付Instagram「Walking in a winter wonderland!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

関連記事(外部サイト)