フーターズのウェイトレスが罵倒してきた客をTikTokで告発

フーターズのウェイトレスが罵倒してきた客をTikTokで告発

フーターズのウェイトレスが罵倒してきた客をTikTokで告発の画像

米国のレストランチェーン、フーターズでウェイトレスとして働く女性が、客にされたひどい仕打ちをTikTokで告白して話題となっている。英Mirror紙などが報じている。

彼女が担当したテーブルの客が、請求が高すぎると文句を言い、伝票に「くたばれ」という暴言と共に中指を立てた手の絵を書き殴った挙げ句、チップを1セントも払わずに退店したというのだ。

このウェイトレスは、TikTokアカウント名「@keylamxo」として事の顛末を告白する動画を投稿。騒動の発端は、彼女の高校時代の同級生家族が、父親の誕生日を祝うために、総勢9人で来店したことだったという。

「来店した同級生のお母さんが、『ドン・フリオを持って来て。夫の誕生日だからいいお酒が飲みたいわ』って言ったの。ドン・フリオのショットは1杯18ドルだったけど、彼らは25杯もオーダーしたのよ」と、ウェイトレスは動画で同級生家族の飲みっぷりについて明かしている。

ドン・フリオはテキーラの中でも高級とされる銘柄。酒だけでも、450ドルを超える計算だ。同級生の家族は、料理も次々と注文していったという。

家族は楽しく食事を楽しんでいたが、ウェイトレスが総計624ドル(約7万1千円)の伝票を渡すと、彼らはその請求額に驚き、「高すぎる」と怒り出したという。

家族はテーブルの上のグラスをすべて倒したり、ケチャップをまき散らしたりといやがらせの限りを尽くし、失礼な絵とチップ欄に「0」が書き込まれた伝票をウェイトレスに押し付けた。

母親は、「こんなに高くなってますよ、って一言伝えてくれていたら、あなたもチップがもらえたかもね!」と吐き捨てて帰って行ったという。

チップももらえないのに、汚れたテーブルを片付けなくてはならなくなり、涙が止まらなかったと女性はTikTokの動画で怒りを露わにしている。

チップ文化のある国の飲食店では、伝票のチップ欄に顧客が任意の金額を書き込み、その金額が担当した従業員に支払われる。こうした国々の飲食店では、従業員の基本給が低く抑えられているケースが多く、チップの多寡は彼らの生活の質に直結するのだ。

ウェイトレスは、「奥様〜? 私はここで働いてるだけなんです! あなたたちの懐具合なんて知らないし、銀行口座にいくら入ってるかとか知るわけないでしょ? お金に余裕がないなら外食なんかするな!」と怒りを露わにした。

Mirror紙は、この動画のコメント欄ではチップを義務化するかどうかについて意見が分かれたと報じている。

関連記事(外部サイト)