悲劇の新入社員…恋人社長は詐欺師、入社した会社は倒産していた

悲劇の新入社員…恋人社長は詐欺師、入社した会社は倒産していた

悲劇の新入社員…恋人社長は詐欺師、入社した会社は倒産していたの画像

インターネットで知り合った男女が相手の恋心を利用し金銭を騙し取る『ロマンス詐欺』。

中国・上海で新入社員の女性がロマンス詐欺の被害に遭い、入社先の社長に18.8万元(約300万円)を騙し取られていた。1月12日に上海のローカルメディア『周到上海』などが報じている。

ネットで職を探していた周さんは、数日後に会社の責任者の陸社長から採用の電話をもらった。電話口で意気投合した彼女と陸社長はすぐに恋人になった。

昨年4月に周さんは入社手続きのため上海を訪れ、陸社長と同棲を始めた。

彼女が陸社長にお金を貸し始めて間も無くして、彼女は支店開設のため別の場所に送られた。

「借りたお金は給料として払う」と陸社長に言われ何度もお金を貸していたが、8カ月間給料の振り込みがなかった。不審に思った彼女が会社について調べると会社が存在しないことに気づき、急いで警察に通報した。

なんと陸容疑者の会社は2019年にすでに倒産していたのだ。陸容疑者は周さんを実在しない会社のマネージャーと会わせ、彼女を騙していたのだ。

雇用されてすぐの周さんが移動させられた本当の理由は、同時期に陸容疑者が故郷で4年間交際していたガールフレンドが上海に遊びに来るからだった。

陸容疑者は浮気をしていた挙句、様々な理由をつけ周さんから合計18.8万元相当を騙し取っていた。騙し取ったお金は全て個人的な浪費に使っていたという。

現在、陸容疑者は上海の公安機関に拘留されており、今後裁判にかけられるそうだ。

この事件に対して地元警察による注意も促されている。

「インターネットの求人に応募することはとても便利ですが、同時に詐欺も多い。詐欺師がよく行う手段は、『取締役社長』や『大金持ち』になりすますことです。誰もが警戒し、オンラインという仮想空間の言葉を簡単に信じないようにする必要があります。平常心を持って、甘い言葉の背後にある罠に注意してください」

このニュースは中国のSNS・Weiboで

《#女性は仕事に就いてすぐ社長と恋に落ち18万元を騙し取られた》

とタグ付けされ大きな反響を呼んだ。

《オフィスでの恋愛は信用できない。男の人が恋人からお金を借りるのは全て詐欺だと思った方がいい》

とのコメントが寄せられていた。

関連記事(外部サイト)