好奇心で設置した公衆電話が迷子の子どもを救う

好奇心で設置した公衆電話が迷子の子どもを救う

好奇心で設置した公衆電話が迷子の子どもを救うの画像

携帯電話の普及で過去の遺物となりつつある公衆電話だが、その価値が見直される出来事が起こった。Fox9などが報じている。

米ミネソタ州アンドーヴァーに住むブライアン・デイヴィスさんは、昨年秋に自宅の敷地の隅に公衆電話を設置した。

設置にかかった費用はおよそ800ドル(約10万円)。加えて固定電話料金が毎月20ドルかかる。レンガを敷き、ベンチとゴミ箱も置いて、ちょっとした休憩スペースとなっている。

「正直に言ってビジネスとしてはまったく儲からないよ。破産だね」と、デイヴィスさんはFOX9の取材に対して冗談めかして語り、設置した理由について次のように明かした。

「ずっとやりたかったことなんです。いまは、すべてをスマートフォンで済ませたり、メッセージを送り合ったりする時代になりました。

でも、それ以前はどんな生活を送っていたのかと、みんなに思い出させるのって楽しそうだなと思って」

デイヴィスさんの近所に住むティム・マレックさんはFOX9の取材に応え、「最初は困惑したよ。過去からやってきたみたいで。僕の12歳と9歳の息子たちは、これが何なのかも知らなかったくらいだ」と話す。

地域の人々からは人気があるそうで、スマートフォンで公衆電話の写真を撮っている姿が時々見受けられるそうだ。

しかし、デイヴィスさんが儲からないと話していた公衆電話が、1人の子どもを救ったと、KARE11が報じている。

道に迷った子どもがこの公衆電話を見つけ、911に通報。

公衆電話だったおかげでオペレーターは位置を正確に把握することができ、駆けつけた警官によって子どもは無事に保護された。

迷子になっていたその子供は、ベンチに座っておとなしく待っていたという。地元保安官事務所は迷子の子どもが無事に家族と再会できたことを発表した。

また保安官事務所は、「個人宅の公衆電話はたしかにユニークで、若い人には馴染みのないものですが、とても重要な役割を果たしてくれました」とKARE11に対してコメントし、デイヴィスさんに感謝を述べた。

関連記事(外部サイト)