ペ・ヨンジュンは実業家、リュ・シウォンはDV疑惑…「韓ドラ俳優あの人は今」

ペ・ヨンジュンは実業家、リュ・シウォンはDV疑惑…「韓ドラ俳優あの人は今」

ペ・ヨンジュンは実業家、リュ・シウォンはDV疑惑…「韓ドラ俳優あの人は今」の画像

“ヨン様”から始まった韓流ブーム以降、私たちをときめかせてくれたスターたちの気になる“その後”を徹底追跡!

ドラマ『愛の不時着』(Netflix)で共演したヒョンビン(39)とソン・イェジン(40)の結婚は「まるでドラマの続編のよう」と世界中で話題に。4月に2人はアメリカへ新婚旅行に出かけ、その仲むつまじい姿に注目が集まった。

最近では『イカゲーム』(Netflix)が人気を集めるなど、韓国ドラマの勢いが止まらない。

この韓流ブームの火付け役となったのは、なんといっても『冬のソナタ』だろう。私たちを魅了した“ヨン様フィーバー”から今年で20年を迎える。

『大人もハマる! 韓国ドラマ 推しの50本』(大月書店)の著者で、韓流カルチャーを20年以上見続けている渥美志保さんは韓流ドラマの変遷を次のように語る。

「第1次韓流ブームはぺ・ヨンジュン(49)を筆頭に、イ・ビョンホン(51)、チャン・ドンゴン(50)、ウォンビン(44)の“韓流四天王”が人気の核に。第2次ブームは、『美男(イケメン)ですね』(’09年)のチャン・グンソク(34)がけん引し、“イケメン”俳優をたくさん起用した胸キュンドラマが人気を博しました」

続く第3次では、「K-POP」ブームが巻き起こった。

「東方神起やBIGBANGといった、K-POP人気に火がついて、アイドルがドラマに多く起用されるようになりました。動画配信サイトでの視聴が中心である現在のブームは第4次と呼ばれていますが、韓国ドラマはもはや一つのジャンルとして確立されているように感じます」(渥美さん・以下同)

トレンドが移り変わっていくなか、かつて私たちが夢中になったスターのなかには、最近ドラマで見かけなくなった俳優も。そこで本誌は、ブレークを経た“その後”が気になる36人の近況を徹底追跡することに!

「韓国スターは事業を始める人が多いのですが、いちばんの成功者はやはりペ・ヨンジュンでしょう。

’06年に芸能プロダクション『KEYEAST』を設立。’18年にはその事務所を、東方神起などが所属する『SMエンターテインメント』に売却し、主要株主に。’11年の『ドリームハイ』に特別出演して以降、ドラマへの出演はなく、もはや実業家と言っていいと思います」

同じく“韓流四天王”の一人であるウォンビンは、映画『アジョシ』(’10年)以降、10年以上も俳優業から遠のいているが、紳士服ブランドやコーヒーCMなどの広告モデルとして活躍している。

「昨年は、43歳でプレミアムスキンケアブランド『INCELLDERM』の専属モデルに抜てきされました。出演作がなく寂しいという声もありますが、変わらぬ美貌が度々話題を呼んでいます」

俳優との“二刀流”で活動するケースも少なくない。『天国の階段』(’03年)で一躍有名になったクォン・サンウ(45)は’19年、俳優業の傍らソウルに洗車場をオープン。チャン・グンソクも、今年1月まで渋谷でショップ経営をしていた。実業家のほか、韓国では不動産投資で成功を収めるケースも多い。

「ヒョンビン&ソン・イエジンも不動産投資長者として知られていますし、『星から来たあなた』(’13年)のチョン・ジヒョン(40)も昨年、ビル1軒の不動産投資で約149億ウォン(約15億円)の利益を得たといわれています」

華々しい生活を送る一方、スキャンダルに見舞われて表舞台に姿を見せなくなった俳優も。

■DV疑惑が浮上したスターも

リュ・シウォン(49)は’13年、離婚調停中の元妻を脅迫したとして、刑事告訴されたのだ。DV疑惑も浮上し、芸能人として致命的なイメージダウンに。

’18年、韓国映画界に性的暴行告発運動の「#MeToo」(私も被害者だ)運動が広がり、そこで名前が挙がったのが、『春の微笑み』(’05年)で主演を務めたチョ・ジェヒョン(56)。未成年に性的暴行を加えたと告訴されたのだ。騒動以降、俳優業は休止状態。’20年には「地方で引きこもり生活をしている」と報道されていた。

【ソン・スンホン(45)】代表作『秋の童話』(’00年)

’11年、レストランの経営者になったが’13年に閉店。俳優業の傍ら「不動産投資」にも力を入れ、韓国芸能人No.1不動産王になったことも。

【ウォンビン(44)】代表作『秋の童話』(’00年)

現在は、広告モデルを中心に活動中。妻のイ・ナヨンと共に不動産投資家の顔も。’10年の映画『アジョシ』から10年以上俳優業から遠のいている。

【チャン・ドンゴン(50)】代表作『イブのすべて』(’00年)

’10年、女優コ・ソヨンと結婚。’20年、親友の俳優チュ・ジンモのハッキング事件で“女性の品定め”を行ったとされ、イメージダウンも活動は続けている。

【イ・ビョンホン(51)】代表作『美しき日々』(’01年)

’19年、米国と韓国を行き来しながら働くため、妻イ・ミンジョンとロサンゼルスのユニバーサル・スタジオ近くに約2億円の住宅を購入した。

【リュ・シウォン(49)】代表作『美しき日々』(’01年)

’12年、妻に離婚および刑事訴訟され活動休止状態。レーシングの監督兼レーサーで結成2年でチーム初のシリーズ総合優勝。’20年に一般女性と再婚。

【ペ・ヨンジュン(49)】代表作『冬のソナタ』(’02年)

’11年以降俳優活動は休業状態。’06年に芸能プロダクション「KEYEAST」を設立、実業家に。’15年に元・SUgarのパク・スジンと結婚し2児のパパに。

【クォン・サンウ(45)】代表作『天国の階段』(’03年)

’08年に女優ソン・テヨンと結婚。イベントがらみの金銭トラブルで告訴された。’19年にソウルで最新式セルフ洗車場をオープン。実業家としても活躍中。

【チョ・ジェヒョン(56)】代表作『春の微笑み』(’05年)

’18年の#Metoo運動で、スタッフなど数人から性的暴行の加害者だと暴露され、 芸能活動を全面中断。現在、地方に引きこもり暮らしている。

【カン・ジファン(45)】代表作『がんばれ!クムスン』(’05年)

女性スタッフが寝ているところに性的暴行や強制わいせつを行った疑いで逮捕。’20年に懲役2年6カ月を言い渡された。芸能界復帰はあるのか。

【イ・ジョンジェ(49)】代表作『エア・シティ』(’07年)

親友のチョン・ウソンと事務所を立ち上げ、経営している。今年2月には米3大エージェンシーの1つ、CAAと契約。3月にはX JAPANのYOSHIKIと食事会へ。

【オム・テウン(48)】代表作『魔王』(’07年)

’16年、女性が性的暴行を受けたと告訴。取り下げとなったが、買春容疑で罰金100万ウォンが科せられた。YouTubeを開設するも俳優業には復帰していない。

【イ・ミンホ(34)】代表作『花より男子〜 BoyOverFlowers〜』(’09年)

現在も俳優として活躍中。インスタグラムのフォロワー数は現在、2,000万人を超えており、韓国芸能界でトップクラスを誇る。

【チャン・グンソク(34)】代表作『美男ですね』(’09年)

俳優、歌手のほかに「TEAM H」を結成。サマーソニックに出演したりと日本で精力的に活動しており、韓国よりも日本での人気が高い。

【ヒョンビン(39)】代表作『シークレット・ガーデン』(’10年)

除隊後、男性からの支持も上昇。『愛の不時着』で共演したソン・イェジンとの結婚が世界を沸かせた。4月にはアメリカで新婚旅行を楽しんだようだ。

■パク・シフは中国映画で俳優復帰

【パク・シフ(45)】代表作『王女の男』(’11年)

’13年、女子大生から性的暴行容疑で告訴されたが、女性から告訴を取り下げ、不起訴処分に。芸能界には’14年、中国映画『君の香り』で復帰した。

【イ・ギュハン(41)】代表作『明日が来れば』(’11年)

’20年、ソウル江南(カンナム)で、男性を暴行した疑いで警察の捜査を受け、’21年に送検されたが、証拠不十分により、嫌疑なしの処分となった。

【ノ・ミヌ(35)】代表作『フルハウス TAKE2』(’12年)

’20年、綾瀬はるかとの熱愛が報道され、韓国や日本で話題に。所属事務所は「事実無根」と回答した。現在も俳優活動を続けている。

【キム・スヒョン(34)】代表作『太陽を抱く月』(’12年)

’19年に所属契約を終了し、いとこと事務所を設立した。『サイコだけど大丈夫』で主演を務め、中国でも人気を高めている。

【キム・ウビン(32)】代表作『花ざかりの 君たちへ』(’12年)

’17年、上咽頭がんのため芸能活動を中断。交際中のシン・ミナの支えもあり、’19年に復帰。2人は現在、同じ事務所に所属を移している。

【ユ・アイン(35)】代表作『六龍が飛ぶ』(’15年)

イケメン俳優として話題になったが、悪役に転身。『地獄が呼んでいる』の演技も話題に。骨腫瘍にかかり、兵役免除判定を受けている。

■子育てを経てヒロイン役から母親役に見事転身!

一方、スター女優では結婚や出産が転機になることが多い。

ユン・ソナ(46)は’12年に第2子を出産してから活動を制限。また’17年には当時、小学生だった長男が同級生に暴行を加え、謝罪文を公表したが、不適切とさらに炎上。その後はカナダに移住し、表舞台から姿を見せなくなった。

女優業を休止しながら、子育てに奮闘し、見事カムバックを果たしたのは、『天国の階段』での好演が話題を呼んだあの女優。

「キム・テヒ(42)は、’17年にRAIN(ピ・39)と結婚し、第1子となる長女を、’19年には次女を出産。『当分の間は子育てだけに専念する』と宣言していましたが’20年、5年ぶりにドラマ『バイバイ、ママ!』(Netflix)で見事復帰を果たしたのです」

これまでは、ヒロイン役が多かった彼女だが、出産を経験し、育児に奮闘しながら演じた母親役が“一皮むけた”と話題になったのだ。

【イ・ナヨン(43)】代表作『愛の群像』(’99年)

’15年、韓流四天王のウォンビンと結婚&出産。その後は活動を休止していたが、’19年にドラマ『ロマンスは別冊付録』で9年ぶりに復帰を果たした。

【ソン・ヘギョ(40)】代表作『秋の童話』(’00年)

’17年、『太陽の末裔』(’16年)で共演した俳優のソン・ジュンギと結婚したが、’19年に離婚。現在も女優を続けており、プライベートにも注目が集まる。

【ユン・ソナ(46)】代表作『もう一度キス』(’01年)

’17年、当時小学生だった長男が同級生に暴行を加え、謝罪文を発表するも内容が不適切と大きな非難を受け、その後は家族とカナダに移住した。

【チェ・ジウ(46)】代表作『冬のソナタ』(’02年)

’18年に9歳年下の一般男性と結婚。’20年に女児を出産。『愛の不時着』(’19年)ではジウ姫役として特別出演し話題に。SNSでは子育ての様子を発信中。

【イ・ヨンエ(51)】代表作『宮廷女官チャングムの誓い』(’03年)

’09年に結婚、’11年に男の子と女の子の二卵性双生児を出産した。その後、活動を休止していたが’17年、ドラマ『サイムダン』で6年ぶりに女優復帰した。

【キム・テヒ(42)】代表作『天国の階段』(’03年)

’17年にRAINと結婚&出産。’19年には次女を出産。産後は女優活動を休止して子育てに専念。’20年、ドラマ『バイバイ、ママ!』で母親役で復帰を果たし話題に。

【ソン・イェジン(40)】代表作『夏の香り』(’03年)

今年3月に『愛の不時着』で共演したヒョンビンとの結婚が話題に。4月にはロサンゼルス、ニューヨーク、ハワイへ渡り、新婚旅行を楽しんでいた。

【キム・ソナ(48)】代表作『私の名前はキム・サムスン』(’05年)

’07年に製作環境の悪さから降板した映画『木曜日の子供』の製作会社から巨額の訴訟を起こされた。インスタグラムでは日常を頻繁にアップしている。

■ハン・へジンはサッカー選手と結婚

【ハン・へジン(40)】代表作『朱蒙』(’06年)

’13年、サッカー選手キ・ソンヨンと結婚。その後は目立った活動が少ない。’21年には夫の女性に対する性暴行疑惑が浮上したが、彼女は全面否定している。

【ユン・ウネ(37)】代表作『コーヒープリンス1号店』(’07年)

’15年、中国のバラエティ番組でデザイン盗作疑惑が浮上し、謝罪した。その後もなかなかイメージが回復できず、’18年にドラマ復帰したが、視聴率は低迷。

【ソン・テヨン(41)】代表作『二人の妻』(’09年)

’08年に俳優のクォン・サンウと結婚。現在は2児の母に。’17年以降、大きな活動はないがSNSで発信されている美しい姿が話題になっている。

【パク・シネ(32)】代表作『美男ですね』(’09年)

’21年、俳優のチェ・テジュンとの結婚&妊娠を発表。現在、第1子を妊娠中。インスタグラムを開設しており『世界一奇麗な妊婦』とその美貌が度々話題に。

【コン・ヒョジン(42)】代表作『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』(’11年)

今年3月に行われたヒョンビンとソン・イェジンの結婚式ではブーケを受け取った。4月には、歌手ケビン・オと熱愛を認め、今後の進展に注目が集まる。

【ハン・ガイン(40)】代表作『太陽を抱く月』(’12年)

’05年、俳優ヨン・ジョンフンと24歳で早期結婚。’19年に第2子となる男の子を出産。現在は活動を休止して育児に専念している。

【ハ・ジウォン(43)】代表作『奇皇后』(’13年)

’18年に、弟であり俳優のチョン・テスさんが亡くなった。その後は女優業の傍ら、’19年にはYouTube「HAEWADAL Channel」を開設してYouTuberとしても活動している。

【チョン・ジヒョン(40)】代表作『星からきたあなた』(’13年)

今年、ソウルにある約505億ウォン(約50億7,800万円)のビルを購入。昨年はソウルのビル1棟の不動産投資で約149億ウォン(約15億円)の利益を得た。

現在、Netflixの合計視聴時間を基準にしたランキング「日本TOP10」のなかで、韓国ドラマが過半数を占めている。ますます注目が高まる“韓ドラ界”から今後も目が離せないーー。

関連記事(外部サイト)