BTS苦闘の練習生時代 JUNG KOOK大きすぎるソウルに抱いた不安

BTS苦闘の練習生時代 JUNG KOOK大きすぎるソウルに抱いた不安

BTS苦闘の練習生時代 JUNG KOOK大きすぎるソウルに抱いた不安の画像

【前編】BTS苦闘の練習生時代 RMがグループの原点…SUGA辞退も考えたから続く

「BTSは、『Dynamite』(’20年の世界的大ヒット曲)のころまでは自分の手の上にあったけれど、今は自分たちがどんなグループなのかわからなくなった。韓国のアイドルシステムは、人として成熟するための時間を与えてくれない」

リーダーのRM(アールエム・27)が心の内を語ったのは、6月14日、世界的な人気を誇るBTSのユーチューブ公式チャンネルでのことだ。メンバー7人が集まったデビュー9周年記念の会食動画で、「グループ活動休止」が宣言されたのである。

BTSが、「防弾少年団」というヒップホップアイドルグループとしてデビューしたのは、’13年6月13日のことだ。試行錯誤の3年後、『I NEED U』で韓国のトップアイドルに躍り出るや、彼らの快進撃が始まった。

世界進出を視野に、防弾少年団の英字表記「BangTan Sonyeondan(バンタン・ソニョンダン)」の略称BTSがグループの呼び名に。’18年にアルバム『LOVE YOURSELF轉’Tear’』が米ビルボード・アルバム・チャートで1位に輝き、初の英語楽曲『Dynamite』もシングルチャート1位に。 翌’21年に発表した『Butter』に至ってはビルボードHOT100初登場から7週連続1位、ユーチューブではMVが24時間で1億820万回という最多再生記録を叩き出した。

今年4月には『Butter』で2度目のグラミー賞にノミネートされ、会場でパフォーマンスを披露。BTSは、まばゆいまでの実績と影響力を世界中に刻んできた。

そんな彼らが「グループ活動休止」を涙ながらに語った今だからこそ原点に返り、7人それぞれのデビューまでの軌跡を追いたい。

■デビューを見送られそうになったJ−HOPE リーダーのRMは事務所に直談判

’10年12月、3番目の練習生になったのが、リードラッパーでメインダンサーのJ−HOPE(ジェイホープ・28・本名=チョン・ホソク)だ。1994年、高校の国語教師を父に光州広域市で生まれた彼は、幼いころからダンスが好きで、小学6年からは本格的に習い始めた。中学で全国大会で優勝し、やがて光州市では知名度抜群のストリートダンサーに成長。

練習生になったきっかけは、’10年12月、彼の通うダンスアカデミーでビッグヒットエンターテインメント(現・ハイブ)」(以下・ビッグヒット)のオーディションがあったときのこと。休憩時間も、撮影チームの撤収後も、J−HOPEだけは無心に汗を流して踊っていた。その姿に胸を打たれたスタッフが、「献身的なタレントがいる」と、ソウルの事務所に報告したのである。

ソウル在住のジャーナリスト、キム・ミジョンさんによれば、

「でも彼は、当時はラップ色が強かった宿舎にも練習場にも、なかなかなじめなかったそうです。ストリートダンスの癖を直すのにもとても苦労した」

そんな彼に手を差し伸べたのが、SUGAだった。一人で過ごさなければいけない大みそかにチキンを差し入れたり、なにかと気を配ってくれたのだ。当時はあまり笑顔を見せなかったJ−HOPEの変化についてSUGAが語っている。

「ホソクは、希望(HOPE)という芸名をつけてから、楽観的になったんだよ」

しかし危機もあった。’18年のBTSの配信映像によれば、練習生時代のJ−HOPEは、デビューを見送られそうになり、自ら脱退して故郷に帰ろうとしたという。

脱退をメンバーに告げると、最年少のJUNG KOOK(24)は「辞めないで!」と抱きついて泣き、リーダーのRMは事務所に直談判。「彼がいないとチームではなくなってしまうんです」と訴え、J−HOPEの残留が決まったのだ。価値を認め合っているメンバーたちの結束の強さがうかがえる。

■通学のバスを降りたところをオーディションにスカウトされたJIN

’11年4月に練習生になったサブボーカルのJIN(29・本名=キム・ソクジン)は、グループのおっとりとした“長男”だ。1992年ソウル近郊の京畿道安養市の、仲のいい裕福な家庭に生まれた。

高校2年のときに、時代劇ドラマ『善徳女王』のキム・ナムギルの演技に感動して俳優を志した。そして建国大学映画芸術学部に入学して数カ月後のことだ。

「JINが練習生になったきっかけは有名ですよ」とキムさん。

「通学のバスを降りたところをビッグヒットのキャスティング担当者が見かけ、『こんな顔は初めてだ! オーディションを受けてください』とお願いされたんです」

しかし、生来のビジュアルと広い音域で合格したものの、すでに大学生の彼がダンスや歌で追いつくのは簡単ではなかった。おまけに「楽しくハッピーなのが一番」というJINの天真らんまんぶりは、周囲とぶつかることもたびたび。

性格が正反対のJIMIN(ジミン・26)からは「JIN兄さん、それは違います」と抗議され、RMからは、アイドルになる厳しさを説かれた。片やJINは、何事にも前のめりなRMに、みんなで協調することの大切さを話していたという。

そんなJINがメンバーに溶け込んだのは、宿舎での暮らしからだった。料理上手な彼は創作料理でみんなを喜ばせ、整理整頓でも感謝されたのである。

JINとは5歳も離れた“末っ子(マンネ)”JUNG KOOKがテレビ番組で語っている。

「JIN兄さんは、ふだんからふざけてばかりですけど、裏ではとにかく努力しています。ただそれを見せない。結果で表すんです」

■「初めてソウルに来たとき、大きすぎて怖かった」とのちに語ったJUNG KOOK

そのJUNG KOOK(本名=チョン・ジョングク)が、13歳にして練習生になったのは、JINの2カ月後だ。メインボーカル、リードダンサーを担当する彼の愛称は、“黄金マンネ”。

1997年、釜山広域市に生まれたJUNG KOOKは、幼いころから運動神経が抜群だった。中学2年のとき、K−POPの王様G−DRAGONの歌を聴いて音楽に目覚め、’11年にオーディション番組に出場。

予選で脱落したが将来性を買われて7つの事務所からスカウトされた。それぞれを見学中、RMのラップに鳥肌が立ち、ビッグヒットを選んだのだ。

「初めてソウルに来たとき、(街が)大きすぎて怖かった。どう生きていけばいいんだって」

すっかり途方にくれたことを、のちにJUNG KOOKは話している。当初は先輩たちから「歌ってみて」と言われるだけで、緊張のあまり泣きだし、年齢による序列の厳しい韓国の文化もあって、宿舎でのシャワーも、メンバーが寝静まってからそっと浴びたという。

’12年夏には、パンPdから「きみのダンスには感情がない。だから、見ていて何も感じない」と酷評された。実家に帰りたくなったが、代わりにロサンゼルスの有名なダンススクールに1カ月の留学をした。報道によれば、同行したソン・ソンドゥク振付師がこう語っている。

「JUNG KOOKは、留学でありえないくらい実力がつきました。1カ月といえど、覚悟を持って過ごした時間は凝縮されたもので、技術を学ぶというより、ダンスを感じてきたというのが正しいでしょう」

【後編】BTS苦闘の練習生時代 非公開練習生Vがデビュー危ぶまれたJIMIN救うに続く

関連記事(外部サイト)