高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策

高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策

高熱の子ども放置する家庭に警察が強行突入 米の児童虐待対策の画像

後を絶たない児童虐待事件が注目を集める昨今、行政の対応のあり方が議論の俎上に上がっている。米国で実際に起こったケースを紹介したい。

先月28日、アリゾナ州のチャンドラー警察署が1本の動画を公開した。警官が体に装着したボディカメラの映像で、一軒家に強行突入する様子が収められている。

この家のサラ・ベックは2月25日、熱を出した2歳の息子を自然療法の診療所に連れて行った。チャンドラー警察署によると、このとき子どもの体温は40.5度にまで上がっていたという。

担当した医師は、子どもが髄膜炎など命を脅かす病気を患っている可能性を指摘。診療所では検査する設備がなかったため、すぐに病院へ息子を連れて行くよう指示した。しかし、その後ベックは子どもを受診させなかったことから、医師は児童局へ通報、そこから地元のチャンドラー警察署へ相談が入り、警察が介入することとなった。

動画では、警官が玄関をノックして中に入れるよう要求している。ベックとその夫ブルックス・ブライスは「もう熱は下がったから大丈夫。お引き取りを」と、決して家の中に警官を招き入れようとしない。警官はパトカーに戻り、電話で説得を続けるも、ベックは「息子はもう元気ですよ。今はもう37度を切っているんです。本当に元気だから」と電話を切ってしまう。

警官は再度玄関へ赴き、「自分たちの目で子どもの様子を確かめたい」と食い下がる。「その必要はないから、帰ってくださいよ」と突っぱねる親との押し問答をしている間に、児童局が子どもを一時保護する裁判所命令を入手。警官は両親に告げる。「あなた方は選ぶことができる。つまり、家から出てくるか、子どもを病院に連れて行くか、児童局に一時的に監護権を渡すかだ」。

それでもブライスは「病院には行かないし、時間を無駄にするつもりもない」と答えたため、警官は銃を構え、ドアを壊すことを警告した上で突入。親に銃を突きつけている間に子どもを保護した。チャンドラー警察署によると、問題の2歳児の他にも2人の子どもがおり、全員が原因不明の汚れに覆われていたという。

ベックの弁護士は「子どもを連れ去るのは明らかに不必要であり、正当防衛の範囲をはるかに超えている」と声明を発表。

両親がなぜ頑なに受診させなかったかについてはわかっていないが、ベックが子どもに予防接種を受けさせていなかったため、病院に行けばその件で責められるかもしれない、と及び腰になった可能性も指摘されている。

関連記事(外部サイト)