『T2 トレインスポッティング』出演俳優、頭を撃たれて死亡

『T2 トレインスポッティング』出演のブラッドリー・ウェルシュ、頭を撃たれて死亡

記事まとめ

  • 俳優ブラッドリー・ウェルシュが17日、エディンバラで頭を銃で撃たれ死亡した
  • ウェルシュは、2017年公開の映画『T2 トレインスポッティング』に出演
  • 元ボクサーで、17歳でアマチュアボクシング協会のライト級チャンピオンの肩書きも

『T2 トレインスポッティング』出演俳優、頭を撃たれて死亡

『T2 トレインスポッティング』出演俳優、頭を撃たれて死亡

『T2 トレインスポッティング』出演俳優、頭を撃たれて死亡の画像

2017年公開の映画『T2 トレインスポッティング』に出演していた俳優ブラッドリー・ウェルシュが現地時間17日、スコットランド・エディンバラのチェスター通りで頭を銃で撃たれ死亡した。42歳だった。

エディンバラ警察の発表によると、17日午後8時頃の通報で現場に駆けつけたところ、重傷を負った男性が倒れており、その場で死亡が確認された。事件に巻き込まれた可能性があるとして、警察は情報提供を呼びかけている。

『T2〜』で暗黒街を牛耳るミスター・ドイルを演じたウェルシュは元ボクサーで、わずか17歳でアマチュアボクシング協会のライト級チャンピオンの座を獲得。ボクシングジムの経営や、若者を助ける慈善活動に心血を注ぎ、2008年頃からドキュメンタリー作品などで俳優として活躍していた。

関連記事(外部サイト)