元カレからの手紙を燃やそうとして家が火事に、米国で話題

元カレからの手紙を燃やそうとして家が火事に、米国で話題

元カレからの手紙を燃やそうとして家が火事に、米国で話題の画像

心の傷が1人の女性の経歴と財布に大打撃を与えてしまった。

今月16日午後4時半頃、米ネブラスカ州リンカーン市の消防署に火災の通報が入った。現場は集合住宅の三階で、その部屋に住む19歳の女性は無事だった。

しかし、火事の原因を作ったのはこの女性。リンカーン市消防署のFacebookページによると、女性は別れた恋人からの手紙を燃やそうとして部屋の中で火をつけたという。思ったほど燃えなかったため、女性はカーペットの上に燃えさしの手紙を置いて昼寝を始めた。やがて彼女は煙探知機のけたたましい音で起こされた。手紙の火は完全に消えておらず、カーペットの上でくすぶり続けていたのだ。

この小火で家の一部が焼け、4000ドル(約43万円)の損害が出たほか、女性は失火罪で起訴された。地元警察のスポークスパーソンはYahoo Lifestyleの取材に対し「この女性は取り調べで『火事を出すつもりなんかなかった』と話しています。手紙を燃やそうなんてしなければよかったのに」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)