「結婚式が台無しに」新婚夫婦がカリフォルニアのホテル提訴

「結婚式が台無しに」新婚夫婦がカリフォルニアのホテル提訴

「結婚式が台無しに」新婚夫婦がカリフォルニアのホテル提訴の画像

「結婚式を悲惨なものにされた」と、あるカップルがホテルを相手取りロサンゼルス高等裁判所に損害賠償請求訴訟を起こした。Fox Newsが伝えている。

訴えられたのは米カリフォルニア州レドンドビーチにあるポルトフィーノホテル&マリーナ。オーシャンビューの部屋からヨットハーバーが一望できる人気のホテルだ。

昨年9月、結婚式を控えたジェス・フェルナンデスさんとジャネット・ヘラーさんは、挙式前日にこのホテルへチェックインしようとした。予約を入れていたのにもかかわらず、ホテル側は「ご予約のお部屋は使用できない状態です」と告げ、2人をかなりランクの劣る別のホテルに案内したという。

不審に思ったフェルナンデスさんが泊まるはずだった部屋のある3階に上がってみると、不都合な点は何も見当たらない。それどころか、チェックインした白人の客が次々と部屋に入っていったという。

案内された部屋は騒音がひどく、寝不足で結婚式に臨むことになった2人。訴状では、白人ではなくラティーノであったために宿泊を断られ、その差別が結婚式での“悲惨な経験”に繋がったと主張している。

関連記事(外部サイト)