自宅のソファで寝ていた10歳少女、流れ弾で死亡

自宅のソファで寝ていた10歳少女、流れ弾で死亡

自宅のソファで寝ていた10歳少女、流れ弾で死亡の画像

今月17日の午前5時46分頃、テネシー州エリザベストン近くで10歳のリリーハンナ・デイヴィスさんが命を落とした。カーター郡保安官事務所に発表によると、屋外で発砲された銃弾が壁を突き破り、ソファで眠っているリリーハンナさんに命中してしまったという。病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

保安官事務所は犯人逮捕のため、3,000ドルの報奨金を提示して情報提供を求めていたが、現場から走り去る車の写真から容疑者を特定。ジェディア・シェーン・グローヴァー(20)、ジェイソン・ブライアン・バーバー二世(18)、ザッカリー・スコット・スカルフ(20)の3人が第一級殺人、犯罪共謀、加重暴行、無謀な危険行為、犯罪に関わる銃器の所持の罪で逮捕された。

3人は事件当日、走行中の車から21発の銃弾を発砲。その内の一発が不幸にも10歳の少女の命を奪った。

リリーハンナさんの母マリーさんは地元テレビ局WJHLの取材に、「子どもやその家族が中にいるトレーラーをなぜ撃てるのかわからない。娘は眠っている間に死んでしまいました。何も悪いことをしていないのに。私たちは誰も間違ったことをしていません。あの子は6歳の時からティーンエイジャーになるのを夢見ていたんです。でももうあの子は夢を叶えられない。私もティーンエイジャーになった娘を見ることができない。なぜこんな目に遭わなければならないの」と声を震わせた。

グローヴァーとバーバーは93万ドル、スカルフは90万ドルの保釈金を設定され、現在も拘留されている。

関連記事(外部サイト)