ももクロが学ぶ“デキる男”のビジネススーツの着こなし術!

ももクロが学ぶ“デキる男”のビジネススーツの着こなし術!

ももクロが学ぶ“デキる男”のビジネススーツの着こなし術!



もいろクローバーZが贈る“教養エンターテインメント・プログラム”、「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」。毎週、さまざまなジャンルのプロフェッショナルの先生たちが登場して、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中! 2018年6月10日(日)の放送では「お父さんのための、仕事ができるスーツ学」のハピクロ・アカデミーを開講! 先生は、AERA STYLE MAGAZINE編集長の山本晃弘さんです。
著書「仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。」(クロスメディア・パブリッシング)を出版されている山本さんに、ビジネスマンの正しいスーツスタイルを教えていただきました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2018年6月10日放送より)

──ビジネスウェアのルール!

ビジネスシーンでは、“アンダーステートメント”という言葉があり、地味なほど上品であると言われるそう。ネクタイは春夏、秋冬で衣替えをするので、シーズン毎に30本ずつ持っているという山本先生。気をつけたいのがネクタイの結び目の“ノット”と言われる部分。シャツにきちんとくっついていることが大事とのこと! また、山本先生の著書「仕事ができる人は、小さめのスーツを着ている。」のタイトルのように、適正サイズのスーツを着ていることが理想とのことでした。

山本先生:世の中のビジネスマン、街行く人を見てみると大概大きめのスーツを着てしまっているんですね。

かなこ:何故なんですか?

山本先生:ちょっとゆるいスーツのほうが、リラックスできるということを考えるんだと思うんですけど。仕事をする上ではリラックスする必要はありませんから。きちんと気を引き締めていくという意味でも、適正サイズを着ていると、フットワークが軽く見える、テキパキ動くできるビジネスマンに見えるんです。

れに:スーツは、何色がいいんですか?

山本先生:一番のおすすめはネイビーですね。ネイビーは知的でさわやかな、颯爽としたイメージがあるからですね。ビジネスに求められる要素として、“あなたは知的ですね”、“私は颯爽と仕事ができますよ”ということを表現するために、ネイビーがおすすめです。

れに:へ〜〜!

山本先生:第2選択とすると、グレーですね。大人っぽくて優しい、包容力のある雰囲気を感じさせますね。

かなこ:うんうん。

山本先生:ネイビーとグレーは用途によって使い分けるといいと思います。仕事で、大きな契約を提案するときとか、社内で大切なプレゼンテーションをするとき、そういったときは知的でテキパキと仕事ができるイメージのネイビーを着たほうがいいと思います。
反対に、同じ営業先に行くにも「前の契約どうでした?」とフランクな話をするとき、あるいは部下を叱責する必要があるときはネイビーを着てくると強すぎるので、そういったときはグレーを着ればいいんじゃないかなと思います。

かなこ:その日にある出来事に合わせて、スーツの色を選んでいくんですね。

山本先生:就活生は黒のスーツが多いのですが、実は黒はパーティーウェアであると言われていて、ビジネスウェアでは黒はナシというのがドレスコードであると言われています。シャープに見えていいんですけどね。ビジネスウェアで黒を着ているのは日本人だけです。

れに:いいね、しっかりとしたスーツの着方とか、スーツの選び方が学べるって、これから大切になってくるもんね!





──父の日のプレゼントにおススメ! スーツに合わせる小物!

まずは、王道の「ネイビー(無地)のソリッドタイ」! スーツを着たときに一番見えるのは、Vゾーンと言われる、スーツ・ワイシャツ・ネクタイの部分。山本先生が提唱しているのは、Vゾーンに使う色は2つまで!

例えば、今日の先生の着こなしで言うと……ストライプのスーツ、チェックのシャツ、無地のネクタイ、2つ柄を使うと無地のネクタイで引き算をする。ネイビーのソリッドタイは、どういうシャツやスーツを着ていても、引き算で必ず収まるネクタイなので、持っておくと使い勝手がいいんです。

そして、「ポケットチーフ」!
ポケットチーフは、スーツのポケットに差しているハンカチのこと。スーツの歴史をさかのぼると、最初にハンカチーフを使ったのは女性なんです。パーティーの会場で女性がハンカチーフを使っているのを見て、男性も使いたいと思ったそう。当時のスーツはポケットがなかったため、袖口などに隠して持っていたそうなんですね。このハンカチを入れるためにできたのが、スーツのポケットなんです。

しかし、“ポケットチーフってキザじゃないかな?”と思っている人も多いはず!
ビジネススーツでは「TVフォールド」という挿し方があり、白いチーフを正方形に四つ折りにする、さらに三つ折りにして胸ポケットの横幅に合わせます。チーフの上辺を1〜2cm、スクエアにポケットからのぞかせれば完成! 清涼感があって、上品な人物だという印象を与えます。

もともとは、テレビキャスターが、上半身しかテレビに映らないため、胸にポケットチーフを挿して「私は誠実な人間です」ということを表現するための入れ方。だから「TVフォールド」という名前がついたんです。

ポケットチーフをプレゼントするなら、麻素材の白がおすすめ! ビジネスシーンでは、できるだけ色味を使わない着こなしの基本にのっとり、白が最後の引き算のワンポイントになるんです。



──ワイシャツの下には何を着るべき?

「ワイシャツの下には何を着るべき?」悩まれたことがある男性も多いのではないでしょうか? 次のうち、現代のビジネスシーンにおいて、一番良いとされるのはどれでしょうか?

1 ワイシャツから透けて見えない、ベージュのシャツを着る
2 ワイシャツから透けてもいいので、清潔感のある白いシャツを着る
3 本来ワイシャツがスーツにおける下着なので、ワイシャツの下にシャツは着ない





れに:1番! キチッと決めているのに、それ以上に目立つものとか、気になるものが出ちゃいけないかなと思って。そこは、透けないようにするのがかっこいいかなと思いました!

清野:続いて、百田さんの答えは?

かなこ:3番です!

清野:けっこうワイルドですよね(笑)。

かなこ:夏は汗とかも気になるじゃないですか? だから、着たほうがいいのかなとか思うんだけど……白のシャツのときだけ着るとか(笑)。

清野:色によって違う?(笑)

かなこ:汗が気になるものは着るけど、本来は着ない!(笑)

清野:では先生、正解の発表をお願いします!

山本先生:正解は1番です!

れに:イエーイ!

山本先生:数年前までは、私も3番を提唱していました。
実はクールビズが施行されて何年か経ったときに、読者のビジネスマンの方から質問されたんですよ。「シャツの下に、下着を着るのが正解ですか? 不正解ですか?」と。3番とお答えしたのですが、ビジネスマンから反論されてしまったんですよ。「営業先に行って、ビショビショに汗染みになったシャツを着たビジネスマンがエレガントですか?」と質問をされたんですね。それで考え直しまして、ある下着をリサーチしまして、透けない、シームレスの縫い目のない下着が正解であると。

かなこ:はい。

山本先生:クールビズのときにワイシャツの上のボタンを外しますよね? U首、もしくは深いV首の形が正解であるという風に考え直しました。現代のビジネスマンには、それを正解としておすすめしています。

清野:本日は「お父さんのための、仕事ができるスーツ学」を教わりましたが、百田さん、高城さん、いかがでしたか?

れに:自分自身はスーツを着る機会がないので遠い存在かと思っていたんですけど。
身の回りに着ていらっしゃる方や、仕事をするにあたってのマナーをスーツから学べたなと思いました。

かなこ:私は上がお兄ちゃんで下は弟の男兄弟で、お父さんもそうですけど、これから気を付けながらプレゼントを選ぼうかなと思いました!






----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年6月18日 AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)