ロンブー田村淳が“漫才を面白くする技”をひもとく!

"論文"を読み解く番組「ろんぶ~ん」がスタート 田村淳やトレエン斎藤・三倉茉奈出演

記事まとめ

  • とっつきにくい"論文"に"ロンブー"田村淳が迫る番組「ろんぶ〜ん」がスタートする
  • 第1回テーマは「漫才」リポーターはトレンディエンジェル・斎藤司、ゲストに三倉茉奈
  • 同番組は研究者が人生をかけ生み出した論文を読み解き知的好奇心を刺激するというもの

ロンブー田村淳が“漫才を面白くする技”をひもとく!

ロンブー田村淳が“漫才を面白くする技”をひもとく!

漫才の“論文”を“ロンブー”淳が読み解く

小難しくてとっつきにくい“論文”に“ロンブー”ことロンドンブーツ1号2号の田村淳が迫る、番組「ろんぶ〜ん」(毎週木曜夜11:00-11:30、NHK Eテレ)がスタートする。

同番組は、研究者が人生をかけて生み出した論文を丁寧に読み解くことで、知的好奇心を刺激し、知ることの面白さを味わうエンターテイメントショー。

10月4日(木)放送の第1回のテーマは「漫才」。漫才を面白くする技を見つけた論文と、漫才を自動で作成するロボットを開発した論文をリポーターのトレンディエンジェル・斎藤司が紹介する。

「人間行動力学」の視点でサンドウィッチマンの漫才の動作と発語のタイミングを徹底分析し、漫才を面白くする技を伝える。「身体ノリ」と命名したツッコミなどの独特の技が明らかとなる。

また、「データ工学」の知見を生かし、お題を入力するとWEB上の膨大な情報を取捨選択して1分で4分の漫才を作るロボットがあるという。

その実力にゲストの三倉茉奈も驚きを隠せない。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)