「ようやくSKEに没頭できる」活動休止中だった後藤楽々が劇場公演に復帰!

SKE48後藤楽々が劇場公演に復帰 相川暖花、末永桜花、浅井裕華らとキラキラ感爆発

記事まとめ

  • 後藤楽々は学業専念のため活動休止していたが、SKE48劇場のステージに復帰
  • 後藤は、相川暖花、末永桜花、浅井裕華らと「重力シンパシー」の大サビで並ぶ
  • 斉藤真木子、須田亜香里が不在の中、6期生の井田玲音名、鎌田菜月、熊崎晴香がリード

「ようやくSKEに没頭できる」活動休止中だった後藤楽々が劇場公演に復帰!

「ようやくSKEに没頭できる」活動休止中だった後藤楽々が劇場公演に復帰!

学業専念のため活動を休止していた後藤楽々(中央)が劇場公演に復帰

今年5月から大学受験による学業専念のため活動を休止していたSKE48・後藤楽々が、11月6日に名古屋・SKE48劇場で行われたチームE「SKEフェスティバル」公演でステージに復帰した。

開演直前の“影アナ”では、「すごく久しぶりに劇場に立つので緊張しているんですが、皆さんに笑顔を届けられるように頑張りたいと思います!」と語った後藤。幕が開くと、1曲目の「重力シンパシー」でセンターポジションに立った後藤に、客席からは大きな声援が送られた。

後藤は最初のMCパートで、「改めまして、長い間お休みをいただいて、皆さん待っていてくださって本当にありがとうございます。そしてこのたび、大学に合格しましたー!」と、大学合格をファンに直接報告。

「これで大学に進むというひとつの夢がかなったので、これからさらなる夢に向けてSKE48でイチから頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と意気込みを新たにした。

さらに、アンコールで後藤は、活動休止中に発売されたシングル「いきなりパンチライン」と、同シングルに収録されているチームEの楽曲「君はラムネ」を初パフォーマンス。

そして、公演最後の楽曲「未来が目にしみる」では、この日一番のファンからの“楽々ちゃんコール”が会場に大きく響き渡った。

一方、同公演のセンター・後藤が復帰したことで、後藤のいない間にセンターに立っていた熊崎晴香にはより一層の気合がうかがえ、「重力シンパシー」の大サビ、相川暖花、末永桜花、後藤、浅井裕華が並ぶフォーメーションでは、チームE 7期生のキラキラ感が爆発。

また、この日の公演は斉藤真木子、須田亜香里という先輩メンバーが不在の中で、6期生の井田玲音名、鎌田菜月、熊崎がメンバーをパフォーマンス面からも力強くリード。

最後のあいさつで副リーダー・福士奈央が「私はこれでやっとチームEが完成したというか、全員そろって、胸を張ってチームEと言えるなと思いました」と語ったように、この日休演だったメンバーと合わさったときの“楽しみ”をファンに提示する公演となった。

■ 後藤楽々 終演後コメント

――久しぶりに劇場に立った感想はいかがですか?

最初は本当にめちゃくちゃ緊張していて、「どうしよう」って感じだったんですけど、いざステージに立ったら「(自分は)SKE48だ、アイドルだ」って、その感覚を思い出しました。

――今日の自分に点数をつけるなら?

気になるところはいくつかあって、やっぱり体力が落ちてるなっていうのはすごく感じたんですけど、100%楽しめたので100点!

――今日は先輩メンバーが少ない公演でした。

今までは真木子さんとか須田さんがいて安心するっていう立場だったので、最初は不安でした。でも、「未来が目にしみる」で、私とおーちゃん(末永)とゆうかたん(浅井)の7期生3人が並んで立ったときに、「7期生成長したな」「みんなで一緒にここまで来れたんだな」というのを改めて感じられて、すごくうれしかったです。

――お休みの間に出た「いきなりパンチライン」と「君はラムネ」のパフォーマンスもありましたね。

一番緊張しましたし、ちょっと失敗というか、手が滑っちゃうっていう予期せぬハプニングもあったんですけど、ずっと曲を聞いて、頭の中で想像していたので、練習した甲斐はあったかなと思います。新鮮で楽しかったです!

――今日の公演までに何日くらいレッスンをしたんですか?

4日間くらいですね。

――久しぶりのレッスン場はいかがでしたか?

レッスン場で久しぶりにメンバーに会うじゃないですか、久しぶり過ぎて何を喋ればいいか分からないなって(笑)。本当は人見知りなので、久しぶりに会って何を話そうかって思ったんですけど、「おかえり」とかそういう言葉を言ってもらえるとうれしくて、これからも頑張ろうって思いました。

――松井珠理奈さんに復帰の報告はしたんですか?

報告しました! 合格発表を待っていたとき、すごく不安で、それを珠理奈さんに話して、「大丈夫だよ」ってなぐさめてもらっていたりもしました(笑)。不安になるタイミングで「大丈夫?」とか「元気?」って連絡をくださりました。

――休んでいる間、SKE48の情報はどうしていたんですか?

ネットを見ないようにしていて、TwitterもInstagramも触っていなかったので情報は入ってこなかったんですけど、地下鉄に乗ったときに広告を見て「SKEだ!」って思ったりはしてました(笑)。

総選挙の時期も、“ドニチエコきっぷ”を見て「あ、菅原(茉椰)だ」って思ったり、珠理奈さんと須田さんとゆなな(小畑優奈)のポスターを見たり、不思議な感じでしたね。

休業して「浪人します」っていうのはさすがにできないなって思いがあったし、高校2年生のときから準備してる受験生も多いわけだし、3年生の5月から始める身としては、ネットを触っていられないっていうプレッシャーもありました。

――1日にどれくらい勉強していたんですか?

夏休みのときは朝10時に塾に行って、夜10時まで勉強してました。ご飯のときも1人って感じで、自分との闘いでしたね。AO入試で合格したんですけど、一般受験も考えていたので、AO入試用の塾と一般受験用の塾両方に通っていました。

だから、合格してめちゃめちゃホッとしました! 合格発表から活動を再開した11月1日までは時間があったので、その間は家族で久しぶりにご飯を食べに行ったり、(三重・)おかげ横丁に行ったり、できたてのバウムクーヘンが食べられるところに行ったり…食べてばっかりですけど(笑)。家族との時間を楽しめたのでよかったなって思います。

――最初に合格を報告したメンバーは?

珠理奈さんですね。すごく気に掛けてくれていたので。

――今後の活動へ向けての気持ちを聞かせてください。

(仕事の予定を)どんどん入れていきたいと思っています。お休み前は逆に、学業との両立で思うように仕事ができなかった部分もあって、今は単位もだいぶ取れているので、(SKE48の活動に)ようやく没頭できるかなと思っています。

最初はお母さんに「一般入試も受けてみたら?」って言われたんですけど、一般入試の時期は2月で、大学に入ったらSKEの活動との両立でまた大変かなって考えたら、「今戻りたい!」と思って、決めました。

――復帰した今、アイドルとしてやりたい活動はありますか?

将来の夢が「アナウンサー」で、ラジオとかはすごく好きなので、話す仕事に取り組みたいなって思います。

――では、逆に“JK”の間にやりたいことはありますか?

「卒業旅行に行こう」「(長野・)軽井沢にみんなで行こう」って言ってるんですよ。JKギリギリになるかもしれないけど、スケジュールが合えば行きたいなって思っています。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)