シンガポールのキャバクラは銀座並みに厳しい!? マツコが実態を調査!

マツコ、シンガポールの「リゾキャバ」を調査 銀座のキャバクラ並に厳しい実態とは

記事まとめ

  • 『マツコ会議』で初の海外中継が決定、シンガポールの"リゾートキャバ嬢"を深掘りする
  • シンガポールの"リゾキャバ"は規則が厳しく、銀座や歌舞伎町と変わらないことが判明
  • マツコは、沖縄・宮古島などのリゾート地と、都市化されたシンガポールとの違いを分析

シンガポールのキャバクラは銀座並みに厳しい!? マツコが実態を調査!

シンガポールのキャバクラは銀座並みに厳しい!? マツコが実態を調査!

マツコデラックスが、シンガポールの“リゾキャバ”で働く女性に話を聞く

1月12日(土)放送の「マツコ会議」(夜11:30-0:00、日本テレビ系)が、初の海外中継を行うことが分かった。今回はシンガポールの“リゾートキャバ嬢”について深掘りする。

海外の“リゾキャバ”の中でもシンガポールは人気が高いといい、現在およそ10店舗のキャバクラがあり、日本からも多くの女性が働きに来ているという。

そこで女性たちに話を聞くと、東京・銀座や歌舞伎町などの繁華街で働いていた時に、シンガポールの“リゾキャバ”を知り、気軽に応募したという。だが、出勤日数やお店の規則の厳しさに「あまり銀座と変わらない…」と思わず本音を漏らす。

するとマツコは、「日本と離れているからリゾートかもしれないけど、東京にあるお店と同じ感覚と思った方がいい」と沖縄・宮古島や北海道・利尻島のリゾート地と、都市化されたシンガポールとの違いを分析する。

■ オーナーママがシンガポールへの出店の理由を語る

さらに、最近2店目を開いたオーナーママが着物姿で登場! シンガポールに出店したきっかけについて、地元の愛媛・今治のお店でシンガポールを行き来する造船業や海運関係のお客さんが多く、「シンガポールは日本より3倍はモテる!」という話を聞き出店を決意したという。

その店には同番組で過去の“リゾキャバ”中継を見て、シンガポールで働き始めたという女性もいるという。するとマツコは、「ウチの番組も貢献しているってことよ!」と自負した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)