声優初主演の松岡茉優が「思い出すだけで涙が出る」ほど感動したアニメ

松岡茉優、『バースデー・ワンダーランド』のアフレコ現場でアニメ映画に言及

記事まとめ

  • 松岡茉優が『バースデー・ワンダーランド』のアフレコ現場でアニメ映画に言及
  • 松岡は同映画の原恵一監督が01年に手がけた『映画クレヨンしんちゃん』を絶賛
  • 松岡と原監督は『はじまりのみち』以来2度目のタッグで、初の声優主演作となる

声優初主演の松岡茉優が「思い出すだけで涙が出る」ほど感動したアニメ

声優初主演の松岡茉優が「思い出すだけで涙が出る」ほど感動したアニメ

「バースデー・ワンダーランド」 4月26 日(金) 全国ロードショー

原恵一監督作のアニメーション映画「バースデー・ワンダーランド」(4月26日[金]公開)で主人公のアカネを演じる松岡茉優が、アフレコ現場にて思い出のアニメ映画について語った。

「ONE PIECE」や「けいおん!」「がっこうぐらし!」など、アニメ好きを公言する松岡が「あらすじを思い出すだけで泣きます!」という作品は、原監督が手掛けた「映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」(2001年)だそう。松岡は「原監督の作品は子供心を思い出させてくれる映画ばかり。“オトナ帝国”みたいにどんな世代の人も感動できる作品を生み出せる監督を”勇者”のように思います」と絶賛した。

■ 原恵一監督は“大人も泣けるアニメーション”の名手!

松岡はモーニング娘。のオタクとしてアイドル好きで知られているが、実はアニメや漫画、小説などのカルチャー好きとしても有名。中学生の頃、好きなキャラクターが漫画の中で死んでしまい熱を出して学校を休んだことや、脳内で漫画のキャラクターと結婚する妄想をしていたなど、過剰なアニメ愛のエピソードをバラエティー番組などで披露している。

「クレヨンしんちゃん」の映画シリーズでも大人が泣ける大傑作といわれている「―オトナ帝国の逆襲」だが、松岡も「“オトナ帝国”はいまだにあらすじを思い出すだけで涙が出て、大人になっても感動がよみがえってくる映画です」と魅力を語る。そして「バースデー・ワンダーランド」についても松岡は「見た人が絶対にワクワクするし、アカネの冒険に大人も感動できるはず」と、「河童のクゥと夏休み」(2007年)や「クレヨンしんちゃん」シリーズを生んだ原監督作品の魅力を語っている。

■ 松岡「『感じたままを演じて』と言われリラックスできた」

主人公・アカネの“誕生日の前日“に起こる不思議でワクワクの大冒険が描かれる本作。松岡は自分に自信がないアカネを演じたが、原監督とは「はじまりのみち」(2013年)以来、2度目のタッグ。前回は実写作品だったため今回が初の声優主演作となる。

松岡は「原監督は『アカネはこう思う』、『アカネはこうだからこうして欲しい』など、とても細かくアカネの性格やキャラクター性を共有して頂いた上で、自由に私の感じたままを演じてほしいとおっしゃってくださいました。原監督のおかげで声優というより普段の演技と変わらず、リラックスしてアカネを演じられたと思います。アカネの純粋でまっすぐなところが伝わっていればいいなと思います」と、監督との収録を振り返った。

声優初主演にして、手ごたえ十分といった松岡。自身がかつてアニメ作品に感動したように、映画「バースデー・ワンダーランド」も何年も人の心に残る名作となるよう思いが込められている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)