<なつぞら>吉沢亮、ついに本格登場!広瀬すずとの並びに「キラキラ眩しい!」の声

吉沢亮、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に本格登場 広瀬すずとの並びに称賛

記事まとめ

  • 広瀬すずが主演するNHK連続テレビ小説『なつぞら』第14回が4月16日に放送
  • なつ(広瀬)が山田天陽(吉沢亮)から絵を教わるシーンなどが描かれ反響が続出
  • SNSで「広瀬すずと吉沢亮の並びが美しい」、「圧倒的美男美女」など歓喜の声

<なつぞら>吉沢亮、ついに本格登場!広瀬すずとの並びに「キラキラ眩しい!」の声

<なつぞら>吉沢亮、ついに本格登場!広瀬すずとの並びに「キラキラ眩しい!」の声

「なつぞら」第14回より (C)NHK

広瀬すずがヒロインを務める連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。4月16日放送の第14回ではヒロイン・なつ(広瀬)が友人・山田天陽(吉沢亮)から絵を教わるシーンなどが描かれた。はつらつとしたヒロインを演じる広瀬に“国宝級イケメン”といわれる吉沢もいよいよ本格的に加わり、視聴者から期待の声が上がっている。(以下、第14回までのネタバレがあります)

■ “青春編”スタートで広瀬&吉沢本格登場

第3週「なつよ、これが青春だ」(4月15〜20日放送)で広瀬らが子役たちのバトンを受け、いよいよ「なつぞら」“青春編”が始まった。

時は昭和30年初夏。なつは農業高校で学び、柴田牧場での仕事に生かしている。一方、天陽は家の農業を手伝いながら、好きな絵を描き続けている。第14回では、学校帰りのなつが天陽の家に寄り、絵の得意な天陽からデッサンを教わっていた。

「天陽くんの絵は、うまいんじゃなくてすごいんです」(なつ)、「でも、なっちゃんの絵はいつも躍動感がある。今にも動き出しそうなんだよ」(天陽)と、お互いを認め合う2人。なつは「絵を描きたいと思うことと、ここで生きたいと思うことは同じなんだって、わたし天陽くんから教わったんです」とも。ドラマでは描かれなかった9年の間、2人には絵を媒介した信頼関係が生まれていたようだ。

■ 吉沢亮の美しさに視聴者うっとり

第14回ではさらに、天陽が手際よく乳牛の乳しぼりをする場面も。離農の危機を乗り越えて十勝の地になじみ、真面目で穏やかな青年に育った天陽に、視聴者からは「天陽くんのおうちも農業がうまくいってるのね」「乳しぼりお上手!」といった安堵の声が上がった。

また、演じる吉沢にも「今朝のなつぞらは吉沢亮が本気で”爽やか”を演ったらどうなるのかを思い知らされるやつだった」「吉沢亮くんは萩尾望都先生が描く美少年の実写版みたいな顔面だねぇ…」の声があふれている。

吉沢といえば、その整った顔立ちから“国宝級イケメン”の呼び声もあるほどの美青年。その吉沢とヒロイン・広瀬との待ちに待った2ショットの“美しさ”に注目するファンも。

SNSでは「なつぞらの広瀬すずと吉沢亮の並びが美しすぎる」「すずちゃんと吉沢亮くんの2ショットキラキラ眩しい!」「圧倒的美男美女。朝からこの2人を愛でることができる幸せ」の声が上がっている。

■ 「なつぞら」気になる第3週のあらすじは…

「なつぞら」第3週は「なつ、これが青春だ」を放送中。

柴田牧場を手伝いつつ、農業高校に通うなつ。このころ柴田家では、酪農の経営をめぐって泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)がぶつかっていた。家族の仲違いに悩むなつは同級生の雪次郎(山田裕貴)に相談。すると、演劇部顧問・倉田先生(柄本佑)を紹介される。倉田のアドバイスは意外なものだった――というストーリーが展開している。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)