【業務スーパー】100グラム61円!豚焼肉タレ漬は朝食から夕食まで使える

富山在住、子どもとクッキングママのsanaです。業務スーパーで売られている「豚焼肉タレ漬」。米みそと米麹入りなのでやわらか食感です。しかし、2キロという大容量なのでちょっと買うのには勇気がいりますよね。でも、とてもおいしくて料理にもいろいろ使えて便利なんですよ。今回は豚焼肉タレ漬の小分け解凍方法やアレンジレシピを3つ紹介します。サンドイッチやスープなどいろいろ活用できますよ♪

豚焼肉タレ漬はとてもご飯が進む味付け!

こちらが今回業務スーパーで購入した「豚焼肉タレ漬」です。

プロ仕様と書かれています! これ1袋で15人前。冷凍されていてカチンコチンに凍っています。

カートに入れているときからズッシリと重たいです。価格は2キロで1239円(税抜)。単純計算で100グラムあたり61円ほどということになります。

豚肉をスーパーで買うとなるとなかなかそのお値段では売られていないですよね。でも気になるのはそのお味。いくら安いからといっておいしくなければ意味がないわけです。

裏面です。味噌やこうじ、生姜やニンニクなども味付けに使われています。調理方法も簡単に書かれています。フライパンでそのまま焼くだけなので簡単ですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそくフライパンで焼いてみました。フライパンで焼くとけっこう豚肉のタレもたっぷりあるのが分かりました。

甘辛い醤油、ニンニクとショウガのスパイシーな香りが漂います。食欲がそそる香りですね〜。

食べてみると、とてもご飯が欲しくなる味です! 味付けは結構濃いめです。どこかで食べたことがあるな? と思ったら、コストコのプルコギにそっくりな味でした。甘めな味付けなので大人はもちろん子どもにもウケが良いと思います。

豚焼肉タレ漬の小分け方法はどうする?

味がおいしいのはわかりましたが、2キロもあるので一度ではなかなか食べきれません。ここでは私が実際にやってみた“小分けの解凍方法”をお伝えします。

まず豚焼肉タレ漬を3〜4時間冷蔵庫に入れて半解凍させます。タレに漬かっているためか解凍されるのも早めでした。上の写真のように一度袋から取り出してボウルに入れました。

冷たいので手袋をしながらビニール袋に入れていきます。ビニール袋でなくジッパーつき保存袋に入れてもいいですよ。

あとはジッパーつき保存袋などにまとめて入れて冷凍庫で保存するだけです。意外と簡単に小分けできました。

今回は手で小分けにしましたが、半解凍にしてから包丁でカットしてもOKです。その際はまな板がけっこう汚れてしまうので、牛乳パックなどを敷いてから作業をするといいですよ。

甘辛くておいしい!豚焼肉タレ漬の簡単アレンジ3選

味付けいらず!豚肉とふわふわ卵のどんぶり

濃厚なタレにふわふわ卵が絡んでたまらないおいしさです! 時間がない時にもササっと作れるのでおすすめです。

フライパンで豚焼肉タレ漬を焼いたら、溶いた卵を流し入れて半熟状になるまで炒めるだけ!

ご飯に盛り付けたら刻みネギや海苔などをトッピングしてどうぞ。大人用には一味唐辛子をかけると味にメリハリがついておいしいですよ。

野菜たっぷり優しい味!豚肉スープ

濃厚な味にちょっと疲れた時は、こんな野菜たっぷりスープはいかがですか?

鍋に食べやすく切った野菜(今回はキャベツと玉ねぎ)と豚焼肉タレ漬と水を入れたら後は煮込むだけ。味付けはわずかな塩コショウのみで十分おいしいです。

炒めるとおいしい豚焼肉タレ漬ですが、このように煮込み料理にも使えます。肉じゃがや鍋もおいしくなりますよ♪

お弁当や朝食にもおすすめ!豚焼肉のロールサンド

写真を見てわかる通り、ロールパンに切れ込みを入れて豚焼肉タレ漬とレタスをはさんだだけです。それなのにとてもおいしくて食欲のない朝にもペロリと食べてしまいます。冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめ。お好みでマヨネーズやケチャップをトッピングしても!

関連記事(外部サイト)