横浜駅「ハマの朝ごはん弁当」(640円)〜朝だから逢える列車、朝だから逢える駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

ハマの朝ごはん弁当 崎陽軒 サンライズ瀬戸 出雲 寝台特急 湘南ライナー 駅弁

285系電車・寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」、東海道本線・横浜〜川崎間

“早起きは三文の徳”と言いますが、寒くてもエイッと、いつもより早くふとんを飛び出して駅へ行ってみると、普段は見られない列車に出逢うことがあります。
例えば、東海道本線唯一の定期夜行列車、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」。
この列車の横浜発は午前6時45分、終着・東京には7時08分。
早起きの東海道線ユーザーの皆さんには、きっとおなじみの列車でしょう。

ハマの朝ごはん弁当 崎陽軒 サンライズ瀬戸 出雲 寝台特急 湘南ライナー 駅弁

ハマの朝ごはん弁当

じつは横浜には、“早起き族”の皆さんが手にすることができる駅弁があります。
それは、「崎陽軒」の「ハマの朝ごはん弁当」(640円)。
朝ごはんの欠食が社会的な問題となるなか、崎陽軒としてできることは何かと考えた結果、完成したのがこの駅弁で、神奈川エリアの一部のお店で、平日の午前限定販売されています。
朝のお腹にちょうどいい、小ぶりな幕の内風弁当です。

ハマの朝ごはん弁当 崎陽軒 サンライズ瀬戸 出雲 寝台特急 湘南ライナー 駅弁

ハマの朝ごはん弁当(12月〜2月バージョン)

【おしながき】
・白飯(トッピング:昆布佃煮)
・鮭の塩焼き
・昔ながらのシウマイ
・豆腐真丈煮
・煮物(人参煮、椎茸煮、筍煮、金平蓮根煮)
・厚焼玉子
・菜の花しょう油漬け

ハマの朝ごはん弁当 崎陽軒 サンライズ瀬戸 出雲 寝台特急 湘南ライナー 駅弁

ハマの朝ごはん弁当(12月〜2月バージョン)

朝らしく焼魚は鮭の塩焼き、健康にいいと云われる、豆腐・根菜・きのこを使ったおかずが脇を固め、崎陽軒ならではの「昔ながらのシウマイ」もしっかり入っています。
特筆すべきは、白いご飯のお供が「季節によって変わる」こと。(12〜2月は昆布の佃煮)
軽めの駅弁ながら飽きの来ない、思わずリピートしたくなる作りからも、作り手の皆さんの「朝食をしっかり食べてほしい」という、食への熱い思いが伝わって来るように感じます。

ハマの朝ごはん弁当 崎陽軒 サンライズ瀬戸 出雲 寝台特急 湘南ライナー 駅弁

185系電車「湘南ライナー」、東海道本線・横浜〜川崎間

東海道線の朝の列車と言えば、185系電車の「湘南ライナー」もあります。
横浜駅を通らず、貨物線経由で運行される列車も多いのが特徴。
早起きしていつもは見られない景色に出逢えたら、フレッシュな気持ちに…。
そして、朝限定の駅弁でしっかり朝食をとれば、元気な1日のスタートになります。
やっぱり「早起きは三文の徳」なのです。

駅弁 望月崇史 ライター望月 駅弁膝栗毛

関連記事(外部サイト)