“中華料理の新ファストフード”! 有名シェフが手掛ける原宿『Chipoon(チプーン)』の新感覚フードとは?

“中華料理の新ファストフード”! 有名シェフが手掛ける原宿『Chipoon(チプーン)』の新感覚フードとは?

「ベジタブルタンタンヌードル」700円 | 食楽web

 スイーツやファストフードの激戦区としても知られる東京・原宿に、また新たなお店が12月8日(土)にラフォーレ原宿に誕生します。

 グランドオープンを迎えるのは、銀座に店舗を構える中華料理の名店『Renge equriosity(レンゲ エキュリオシティ)』のオーナーシェフ、西岡英俊氏がプロデュースする『チャイニーズスタンド Chipoon(チプーン)』。従来のファストフードが持っているイメージを覆す、化学調味料を使わないヘルシーで美容にも嬉しい全4品(ヌードル2品、バーガー2品)を提供する“中華料理のファストフード店”なんです。

「ヴィーガンヌードル」600円

「ヴィーガンヌードル」600円

 ヌードルは卵を使用していない麺と、動物性の食材を一切使用していないスープを組み合わせた、ヴィーガン対応のヘルシーさが特徴。素材の良さを最大限に引き出しつつ、本格的な中華ヌードルを楽しむことができます。
「ベジタブルタンタンヌードル」は、現在大ブームを巻き起こしている“ピリっとシビれる辛さ”が特徴の麻辣(マーラー)風タンタンヌードルです。

 青山椒と朝天唐辛子、ラー油などの中華系香辛料をふんだんに使用し、季節に合わせてセレクトした旬の野菜と豆腐チーズがたっぷりとトッピングされます。「ヴィーガンヌードル」は素揚げされた味付きの筍を贅沢にトッピング。優しい旨みが深く染み渡るスープとともに、シンプルながらも満ち溢れた滋味を感じられる一品です。

「湯葉チャーシューバーガー」450円(写真左)、「チャーシューバーガー」450円(写真右)

「湯葉チャーシューバーガー」450円(写真左)、「チャーシューバーガー」450円(写真右)

 バーガーは白くてふわっとした食感が楽しい中華まん風のバンズを使用。具材にはたっぶりの野菜と、豆腐マヨネーズと甜麺醤(テンメンジャン)のオリジナルソースで見た目も味もヘルシーな仕上がりに。「湯葉チャーシューバーガー」は、台湾ではお馴染みの“湯葉チャーシュー”がベース。鶏肉のような食感と挟みこまれた野菜でボリューム感満点です。

「チャーシューバーガー」は、低温でじっくりと火を通した豚の肩ロースのジューシー感が魅力。溢れ出す野菜のおかげで、ガッツリのお肉を食べながらも罪悪感をまるで感じさせないバランスの良さも見逃せません。

 鮮やかなフラミンゴピンクに彩られた店内やメニューを包むパッケージは、思わずSNSでアップしたくなるカワイイ色合い。全4品ともテイクアウトが可能で、こちらはピンクフラミンゴのロゴを使用した容器で提供されます。原宿に来た際は、これまでにない最先端の中華料理“ビヨンド中華”をぜひ体感してみてください。

●SHOP INFO

Chipoon(チプーン)

東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2階
開店日:2018年12月8日(土)
営業時間:11:00〜21:00
※価格全て税別

関連記事(外部サイト)