クスッと笑えて美味しい! 五反田の新店『ITAMESHI』のユニークな創作料理とは?

クスッと笑えて美味しい! 五反田『ITAMESHI』のユニークな創作料理とは?

食楽web

「イタ飯(めし)」といえば、1980年代後半を経験したバブル世代にとっては懐かしい響きのはず。そんな懐かしの単語を冠した『ITAMESHI(イタメシ)』は、2018年10月にオープンしたばかりの東京・五反田にあるちょっとユニークな飲食店です。

 同店でいただけるのは、イタリアンと和食を融合させた創作料理。店名は「イタ飯」と「板前メシ」にちなんで名付けられています。そんなITAMESHIの料理は、普通の創作料理を食べ飽きた大人でも満足できるものばかり。オープン記念の試食会でいただいたメニューを一例に、どんなお店かご紹介しましょう。

先付けの「P.P.A.P」からインパクト大

 ITAMASHIで提供されるのは、4,000円、5,000円、6,000円のコースメニュー。『俺のイタリアン GINZA』で総料理長を務めた経歴を持つシェフと都内の有名和食店で腕をふるった板前さんによる料理と、それらの料理に合わせたワインや日本酒のペアリングが楽しめます。

店の外観は大きな白い暖簾がかかったいかにも和食店という趣き。店内に入るとグレーの大きなカウンターや白を貴重にした大理石など、スタイリッシュな雰囲気が漂う

店の外観は大きな白い暖簾がかかったいかにも和食店という趣き。店内に入るとグレーの大きなカウンターや白を貴重にした大理石など、スタイリッシュな雰囲気が漂う

 先付けとして出てきたのは「P.P.A.P」という、聞き覚えのあるメニュー。ただし、ここでは「パイン」「プロシュート」「甘エビ」「パクチー」を略して、「P.P.A.P」と言っているんです。

パクチーの載ったプロシュートの下に隠れているのは、パイナップルシャーベットと甘エビ。パインと甘エビの甘みや酸味を感じたあとに、プロシュートの塩気がやってきて絶妙なバランスだ

パクチーの載ったプロシュートの下に隠れているのは、パイナップルシャーベットと甘エビ。パインと甘エビの甘みや酸味を感じたあとに、プロシュートの塩気がやってきて絶妙なバランスだ

 そう、同店のメニューの大半がこういった個性的な名前が付けられているんです。コース料理なので最初にお品書きを見せてもらいますが、メニューを見てもそれが何なのかわからないものが多く、「次は何が来るんだろう?」というワクワク感があります。

メニュー名を見てもどんな料理か想像が付かないのがITAMESHIの面白いところ

メニュー名を見てもどんな料理か想像が付かないのがITAMESHIの面白いところ

どのメニューも想像の斜め上をいくものばかり

 続いて出てきたのは、八寸の「目黒川と桜」。この名前だけを聞くと、きっと和のテイストが強いんだろうなと思うはずです。しかし、その見た目とは裏腹に、イタリアンのエッセンスが強く、やっぱりいい意味で想像を裏切ってくれます!

パンナコッタを冷奴風にしたもの、合鴨のローストといちじく、秋刀魚の山椒煮とマスカルポーネチーズの3皿が出てきた。どれもワインが進んで仕方ない

パンナコッタを冷奴風にしたもの、合鴨のローストといちじく、秋刀魚の山椒煮とマスカルポーネチーズの3皿が出てきた。どれもワインが進んで仕方ない

 お凌ぎには「酢豚」とあるので、何か変わった材料を使った酢豚なのだろうと思っていたら、目の前に出てきたのはお寿司。そう、これはバルサミコ酢を使ったお寿司なんです。たしかに酢と豚肉なので“酢豚”ではありますが、こんなのは初めて!

酢飯にはバスサミコ酢を使用。豚とろを塩漬けにして熟成させた豚の頬肉「グランチャーレ」に、穴子をタレで食べるようにバルサミコ酢を付けて食べる。酢飯のほどよい酸味とグランチャーレの相性は抜群

酢飯にはバスサミコ酢を使用。豚とろを塩漬けにして熟成させた豚の頬肉「グランチャーレ」に、穴子をタレで食べるようにバルサミコ酢を付けて食べる。酢飯のほどよい酸味とグランチャーレの相性は抜群

 お椀にいたっては「緑+平和」とあり、何がなんだかわからない! でもこのわからない感じは、誰かと訪れたときに必ず盛り上がれるはずです。

「緑+平和」は、グリーンピースのポタージュだった。たしかに名前そのまんま! 添えられた茶筅にはクルトンが入っており、そっと加える

「緑+平和」は、グリーンピースのポタージュだった。たしかに名前そのまんま! 添えられた茶筅にはクルトンが入っており、そっと加える

お椀と一緒に出てきたのは藁に包まれた添え物。黒いものは炭に見立てたパンだった

お椀と一緒に出てきたのは藁に包まれた添え物。黒いものは炭に見立てたパンだった

藁の中にはチーズが! カマンベールチーズとブルーチーズが入っていた。藁に包んで1日寝かしているそうで、先ほどの黒いパンと一緒にいただく。「笑って ハイチーズ!!」のメニュー名はまさにぴったり

藁の中にはチーズが! カマンベールチーズとブルーチーズが入っていた。藁に包んで1日寝かしているそうで、先ほどの黒いパンと一緒にいただく。「笑って ハイチーズ!!」のメニュー名はまさにぴったり

お刺身の盛り合わせは調味料でひと工夫

 ここまで、ひとつとしてイメージどおりな料理が来ていません。さすがに「本日のお刺身三点盛り」は普通だよねと思っていたら、お刺身に付ける醤油にひと工夫が。用意されたのは「バルサミコポン酢」と「黒納豆醤油」のふたつ。刺し身といえば醤油が甘いか辛いかくらいだと思っていたので、この選択肢は初めてです。

この日はマグロ、イカ、マゴチの三点盛り。イカは黒納豆醤油でいただく

この日はマグロ、イカ、マゴチの三点盛り。イカは黒納豆醤油でいただく

右がバルサミコポン酢、左が黒納豆醤油。バルサミコポン酢は思ったよりも酸味がまろやかで、脂の載った刺し身によく合う。黒納豆醤油は、納豆をミキサーにかけて出汁で味を調整したもので、納豆特有のねっとり感があってクセになる

右がバルサミコポン酢、左が黒納豆醤油。バルサミコポン酢は思ったよりも酸味がまろやかで、脂の載った刺し身によく合う。黒納豆醤油は、納豆をミキサーにかけて出汁で味を調整したもので、納豆特有のねっとり感があってクセになる

 続く焼物は「カルボナーラ米と自由自由」。カルボナーラ米はリゾットなのだろうと想像がつきますが、「自由自由」とは何なのか……。やってきたのはこちらの料理です。

なるほど、お肉の「ジュウジュウ」と「自由」をかけ合わせていたのか!

なるほど、お肉の「ジュウジュウ」と「自由」をかけ合わせていたのか!

「自由自由」の正体は山形牛のステーキで、パルミジャーノレッジャーノとうずら卵の黄身が載ったリゾットと一緒にいただきます。このあたりはイタリアンの要素が強いですね。

 次に来た「ボディーブロー」は、ダチョウのレバーとコリンキーかぼちゃのピクルス。ここでのボディーブローとは、「じわじわ来てるでしょ?」という問いかけの意味もあるのだとか。味だけでなく、こういったユーモアのセンスでも何度も来たくなるお店です。

ダチョウのレバーを食べる機会は少ないが、臭みがほとんどなくて食べやすい

ダチョウのレバーを食べる機会は少ないが、臭みがほとんどなくて食べやすい

不思議メニューは最後まで続く!

 箸休めとして運ばれてきたのはモナカ。何か甘いものでも来たのかなと誰もが思うはずです。しかし、ここITAMESHIでそんな常識は通用しません!

どこをどう見てもモナカ。「ひと口で食べてください」と言われる

どこをどう見てもモナカ。「ひと口で食べてください」と言われる

 食べてみると、甘い……いや、なんだか辛い。それもそのはず、グリーンカレーのペーストとココナッツアイスが入っているんです。たしかにグリーンカレーはココナッツミルクを使うのでおかしくはないのですが、まさかモナカになるとは思いませんでした。

ひと口で食べないと味のバランスが崩れるのだとか。この組み合わせは斬新

ひと口で食べないと味のバランスが崩れるのだとか。この組み合わせは斬新

 ここからラストまでは写真を中心にご紹介。炊合せの「元祖 フォアグラトマト」、蒸し物の「Oh! 91083」、ごはん、甘味でコースは終了です。

「元祖 フォアグラトマト」は、トマト、フォアグラ、リゾットをスプーンに載せて食べるのが正解。フォアグラもトマトと一緒に食べると脂っこくならないのがいい

「元祖 フォアグラトマト」は、トマト、フォアグラ、リゾットをスプーンに載せて食べるのが正解。フォアグラもトマトと一緒に食べると脂っこくならないのがいい

「Oh! 91083」は「オクトパス」と掛け合わせた料理。タコの燻製の蒸し物で、噛めば噛むほどタコと燻製のいい香りが口いっぱいに広がる

「Oh! 91083」は「オクトパス」と掛け合わせた料理。タコの燻製の蒸し物で、噛めば噛むほどタコと燻製のいい香りが口いっぱいに広がる

ごはんは「カッペリーニの冷や汁」か「ルーローハンの手打ちパスタ」が選べた。冷や汁といえば山形や宮崎などの郷土料理だが、パスタを豆腐、ミョウガ、大葉でさっぱり食べるのもおいしい

ごはんは「カッペリーニの冷や汁」か「ルーローハンの手打ちパスタ」が選べた。冷や汁といえば山形や宮崎などの郷土料理だが、パスタを豆腐、ミョウガ、大葉でさっぱり食べるのもおいしい

一見ボロネーゼのように見えるが、甘辛い味付けのルーローハンが使われている

一見ボロネーゼのように見えるが、甘辛い味付けのルーローハンが使われている

「甘味なのにだし巻き?」と思ったら、なんとだし巻きのようなプリンだった。手前は鰹節に見立てたマカデミアナッツが載ったバニラアイス。プリンの間の焦げ目はカラメルソースを使うなど、とにかく芸が細かい

「甘味なのにだし巻き?」と思ったら、なんとだし巻きのようなプリンだった。手前は鰹節に見立てたマカデミアナッツが載ったバニラアイス。プリンの間の焦げ目はカラメルソースを使うなど、とにかく芸が細かい

 今回紹介したメニューはオープン時のものなので、内容は時期により多少異なります。とはいえ、一度足を踏み入れると驚かされること間違いなし! 仲間や家族と落ち着いて食事を楽しみたいときや、特別な日にぜひ訪れてみてください。

(取材・文◎今西絢美)

●SHOP INFO

ITAMESHI(イタメシ) 外観

店名:ITAMESHI(イタメシ)

住:東京都品川区西五反田2-25-4 磯ビル1F
TEL:050-5595-9424
営:17:00〜24:00
休:不定休

関連記事(外部サイト)