舌の上でとろける“パクチー餃子”が革命的にウマい!まちの餃子屋さん「豆金(まめきん)餃子」

舌の上でとろける“パクチー餃子”が革命的にウマい!まちの餃子屋さん「豆金(まめきん)餃子」

豆金餃子「パクチー餃子」

パクチーが大好きなみんなにお知らせです。先日、“パクチー餃子”がおいしいお店を見つけました!「豆金(まめきん)餃子」です。学芸大学と三宿に店舗があります。

豆金餃子の香草(パクチー)餃子(6個で480円)は、豚肉を使ったあんを皮で包んで茹で上げた水餃子に、ショウガだれとパクチーだれ、2種類のたれをかけて味わう人気メニュー。もちろん、しゃきしゃきのパクチーもたっぷりトッピングされています。

何がすごいって、まず皮の口どけ!口にほお張った瞬間、驚くほどのスピードで溶けてしまいます。こんなに口どけのいい餃子は初めてかも。歯ぐきでも食べられそう。

そして豚肉のうまみと脂の甘みがジューシーに広がり、最後に残るのはパクチーの香り。餃子の中にパクチーは入っていませんが、たれとたっぷりのトッピングで存分にパクチーを味わえます。

●新作メニュー「手打ち肉肉餃子」
同店の新メニューに、手打ち肉肉餃子なるものも発見。粉からこねてつくられる手打ちの皮で、牛バラ肉や豚の耳、レバー、鶏ひき肉、ザーサイなどさまざまな具材を混ぜ合わせたあんを包んだ焼き餃子です。

パクチー餃子とは打って変わって、皮が厚めでモッチモチ!かぶりつくと、中から勢いよくブワッと肉汁があふれ出します。お肉がぎっしり入っているのと、コリコリとした豚の耳の歯ごたえで食べごたえも満点!

ともすれば好き嫌いが分かれそうな、ちょっとクセのある味と食感ですが、クセのあるもの好きとしてはそこがたまらなく美味。ビールやハイボールとも最高に合うんです。

●ユニークなハイボールたち
ハイボールといえば、同店のアルコールメニューには「スタンダードハイボール」のほかに「男ハイボール」や「乙女ハイボール」「ドラゴンハイボール」なんてのもあり。乙女ハイボール(450円)を注文してみたところ、杏露酒(シンルチュウ)とウイスキー、ソーダを組み合わせためちゃくちゃうまくて危険な飲み物が出てきました。

熱々の餃子をハフハフほお張り、ハイボールでぐいっと流し込む幸せといったら…もはやバチが当たらないかと心配になるレベル。自分へのご褒美ってこういうことですよね。

リーズナブルな値段設定も嬉しい豆金餃子。学校や会社帰りに絶品餃子で一杯、いかがでしょうか?

関連記事(外部サイト)