スタバの限定店舗で“窒素ガス”を注入したとろけるアイスコーヒーが飲める!ミルクなしでもクリーミー?

スタバの限定店舗で“窒素ガス”を注入したとろけるアイスコーヒーが飲める!ミルクなしでもクリーミー?

スターバックス「スターバックス ナイトロ コールドブリュー コーヒー」

スターバックスの一部の店舗で、“新感覚”のアイスコーヒー「スターバックス ナイトロ コールドブリュー コーヒー」が6月1日より提供開始される。価格はショートサイズ480円(税別)から。

スターバックス ナイトロ コールドブリュー コーヒーは、熱を加えず水でゆっくりと時間をかけて抽出する“コールドブリュー コーヒー”(水出しコーヒー)に、窒素ガス(ナイトロジェン)を注入して仕上げられるもの。注文が入るたび、バリスタが1杯ずつ専用のタップからグラスに注いで提供される。

窒素ガスを注入することにより、コールドブリューコーヒーが持つ豆本来のうまみが引き立てられるほか、自然な甘みや、まるでミルクを加えたような濃厚でクリーミーな口あたりが楽しめるとか。

展開店舗は、札幌旭ヶ丘店(北海道)、京都三条烏丸ビル店(京都府)、エキマルシェ大阪店(大阪府)、神戸メリケンパーク店(兵庫県)の4店舗。なお、東京都内の2店舗(銀座 蔦屋書店、東京ミッドタウン店)ではすでに先行販売中。

関連記事(外部サイト)