京橋千疋屋「究極のジャム」がマジで究極!フルーツの味がギュッと詰まった幸せの小瓶

京橋千疋屋「究極のジャム」がマジで究極!フルーツの味がギュッと詰まった幸せの小瓶

京橋千疋屋 究極のジャム

京橋千疋屋「究極のジャム」。同店の120周年を記念して発売されたフルーツジャムのシリーズです。

1本あたり150g入りで価格は1,080円(税込)。ちょっとお高い…けれど“究極”と言われると気になる!奮発して「いちご」「ネーブルオレンジ」の2種を試してみたところ、マジで究極のおいしさだったのでご紹介します。

究極のジャム いちご
数種類のいちごをブレンドして仕上げたイチゴジャム。フタを開けるとあたりにイチゴの甘い香りがふんわり。

口にすると、いっそう濃い香りとともにジューシーな甘酸っぱさがいっぱいにあふれます。やわらかな果肉がごろごろと入っていて、まるで熟したイチゴをそのまま食べているみたい…!

ジャムとしては甘さは控えめですが、そのぶんイチゴの味わいは濃厚。風味がギュッと濃縮されていて、“究極”の名にふさわしいおいしさです!

究極のジャム ネーブルオレンジ
こちらは愛知県産のネーブルオレンジを使ったマーマレード。柑橘のさわやかな香りが楽しめます。

口にした瞬間は甘酸っぱく、果皮を噛むと徐々に爽やかなほろ苦さが広がります。このときの甘み、酸味、苦みのバランスが絶妙!それぞれが引き立ち、味わいをより深いものにしています。

個人的にマーマレードは好きで色々試しているのですが、今まで食べた中で一番かも。好きな人はぜひお試しを。

究極のジャムのラインナップはこのほか、「ブルーベリー」「いちじく」「さくらんぼ」など全10種(期間限定含む)。好きなもので詰め合わせもできるので、気の利いたプレゼントにもぴったりです!オンラインショップでも購入できるので、遠方の人へのギフトにもどうぞ。

関連記事(外部サイト)