誰にだって“黒歴史”はある…!日清の黒歴史商品3点が復活版で登場!“日清食品の闇”に迫る?

誰にだって“黒歴史”はある…!日清の黒歴史商品3点が復活版で登場!“日清食品の闇”に迫る?

「日清の黒歴史トリオ」は、時代を先取りしすぎて売れなかった“日清の黒歴史”商品

日清食品が過去に発売したものの“時代を先取りしすぎて売れなかった”黒歴史商品3点が、7月3日に再発売される。「カップヌードル」、「日清のどん兵衛」、「日清焼そばU.F.O.」の各ブランドから1点ずつ登場。価格は各180円(税別)。

「日清の黒歴史トリオ」は、過去に販売されていたが売れなかった“日清の黒歴史”商品。“当時は理解されなかったものの、現在であればエスニック料理ブームや出汁ブームにのって親しまれるであろう”と考えられた3商品が復活版として再発売される。

「カップヌードル サマーヌードル」は、トムヤムスープをベースにレモングラスをきかせたカップ麺。1995年夏、「緊急限定販売」という“必死感満載”のコピーで登場したそう。しかし、当時はレモングラスの存在が知られておらず“「正直よくわからない商品」として扱われてしまった”のだとか。“エスニック料理が一般化した今ならもっと愛してもらえるのでは”という考えから緊急再発売が決まったとのこと。

「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」は、ほうじ茶をベースとしたカップ麺。2002年、茶系飲料のヒットにあわせて食品カテゴリーから“無理矢理ブームに相乗りするべく”発売されたそう。「あっさりこってり」という“わかるようでわからない”謳い文句とともに販売されたとのこと。最近の出汁ブームに乗じ、再ブレイクを夢見ているのだとか。

「日清焼そば 熱帯U.F.O.」は、タイ風の甘辛いエスニック焼きそば。2002年夏、前年に大ヒットした「カップヌードル 熱帯シーフードヌードル」を“勝手にパクって”誕生したそう。ネーミングをはじめヤシの木をデザインしたパッケージなど、“あたかも関連商品のような顔つきをしているが、実際は完全なる後追い”なのだとか。パッタイやミーゴレンなどのエスニック風焼きそばに慣れていない当時の人々には“新しすぎた”が、今なら魅力が伝わるのではないかと考えられているそう。

また、6月26日から公開されている特設サイトには、各商品の元担当者3名への“禁断のインタビュー”が掲載。ほかにも、発売当時実際に配信されたニュースリリースや当時の営業担当者への緊急調査、「黒歴史認定イラスト」6種類の無料配布などが楽しめるとのこと。

関連記事(外部サイト)