八景島シーパラで“クラフトビールと缶詰”のフェス!「出し巻き缶」「たこ焼き缶」など“珍缶詰”も

八景島シーパラで“クラフトビールと缶詰”のフェス!「出し巻き缶」「たこ焼き缶」など“珍缶詰”も

BINCAN FES. 2017 in 横浜・八景島シーパラダイス 〜クラフトビールと缶詰の食の祭典〜

クラフトビールと缶詰が集結するイベント「BINCAN FES. 2017 in 横浜・八景島シーパラダイス 〜クラフトビールと缶詰の食の祭典〜」が、7月15〜17日の3日間、横浜・八景島シーパラダイスで開催される。

クラフトビールは、関東を中心に東海、関西など各地から選りすぐられた約30種がラインナップ。「高品質なビールを一番おいしい状態で」飲めるよう、サーバーで提供される。

缶詰は、シーチキンやコンビーフといった定番から、イノシシ肉や出し巻き缶、たこ焼き缶など珍しいものまで約70種類が登場。缶詰を使ったフードメニューとして、シーチキンの缶詰を使った「シーチキン塩焼きそば」やコンビーフの缶詰を使った「コンビーフチーズサンド」、アンチョビの缶詰を使った「アンチョビポテト」なども用意される。

このほか、「缶」をテーマに楽しめるワークショップとして「缶バッジ作り」も実施される。自分で描いたイラストのオリジナル缶バッジが作成できるそうだ。

さらに、7月15・16日には、花火と映像と音楽、ライティングが一体となった“究極の花火エンターテインメントショー”も開催される予定。

入場料は無料、ドリンク・フードはチケット制で、200円チケット5枚セットが1,000円(税込)で販売される。缶バッジ作りのワークショップ参加費は200円(チケット1枚)。

会場所在地は、神奈川県横浜市金沢区八景島 八景島シーパラダイス ドルフィンファンタジー横。開催時間は各日11時〜21時。

関連記事(外部サイト)