【実食】スタバのフルーツジェリー×ティバーナで作るアイスティーがおいしくってフォトジェニック!夏にぴったりなドリンクをお家で楽しもう♪

【実食】スタバのフルーツジェリー×ティバーナで作るアイスティーがおいしくってフォトジェニック!夏にぴったりなドリンクをお家で楽しもう♪

「フルーツ ジェリー アソート」はアイスティー専用のフルーツジェリー

スターバックス(スタバ)各店で、アイスティーに入れて楽しむ「フルーツ ジェリー アソート」が7月14日から販売されています。3個入りで540円(税別)。

これはアイスティー専用のフルーツジェリー。お好みの紅茶をあわせることで、ぷるぷる&フレッシュなデザート感覚で楽しめるドリンクが作れます。フレーバーは、オレンジピールのほろ苦さとトロピカルな甘さと香りが特徴の「MANGO & ORANGE JELLY」、シャキッとしたりんご果肉の食感と芳醇な甘さと香りが特徴の「PINEAPPLE JELLY」、グレープフルーツの果肉感とマスカットのみずみずしい甘さが特徴の「MUSCAT JELLY」全3種。

アイスティーには同じくスタバで販売されている「ティバーナ アソートセット(6袋)」を使いましょう。フレーバーは、ユースベリー、ミント シトラス、イングリッシュ ブレックファスト、アールグレイ、チャイ、ハイビスカスの全6種。価格は660円(税別)。

スタバおすすめの組み合わせは、MANGO & ORANGE JELLYとハイビスカス、PINEAPPLE JELLYとユースベリー、MUSCAT JELLYとアールグレイだそうです。ハイビスカスティーが好きな筆者は、MANGO & ORANGE JELLYを使った組み合わせを試してみました!

まずは紅茶の準備。後ほど氷で薄まるため、使用するお湯はホットの半分の量(120cc)にしましょう。なお、最適なお湯の温度と抽出時間はフレーバーによって異なります。今回使うハイビスカスは96℃で抽出時間は5分とのこと。

抽出している間に耐熱グラスを用意し、ジェリーを落としてからたっぷりの氷を入れます。グラスは背が高いものを選ぶと見栄えもよくなりますよ。

紅茶の抽出が終わったらグラスに注ぎます。ポイントは氷にあてるように注ぐこと!仕上げに氷を少し足したら完成です。

ハイビスカスティーのトロピカルな風味と、ジェリーの甘み、ほのかな酸味がマッチして、さっぱりとした一杯に仕上がっています。暑い日にゴクゴク飲みたいフルーティーなおいしさ♪見た目もかわいらしいのでウェルカムドリンクにもおすすめです。

また、スタバから販売されている「ストロー付 耐熱ダブルウォールグラス 355ml」(税別2,500円)や、星型の氷が作れるシリコン製の製氷皿「アイスキューブトレー スターブルー」(税別1,200円)を使えばもっとフォトジェニックなドリンクが作れます。じっとしているだけでも汗がにじむような天気が続く今日この頃、さっぱり爽やかなジェリー×ティーで一息入れてみては?

フレーバーごとのおすすめのお湯の温度と抽出時間は以下のとおり。

ユースベリー  温度:80℃ 抽出時間:2分

ミント シトラス  温度:80℃ 抽出時間:2分

イングリッシュ ブレックファスト  温度:96℃ 抽出時間:5分

アールグレイ  温度:96℃  抽出時間:5分

関連記事(外部サイト)