ヒルトン東京、チョコレートの松ぼっくりや雪の結晶が飾られたリースのようなクリスマスケーキが登場!

ヒルトン東京、チョコレートの松ぼっくりや雪の結晶が飾られたリースのようなクリスマスケーキが登場!

ヒルトン東京、チョコレートの松ぼっくりや雪の結晶が飾られたリースのようなクリスマスケーキが登場!の画像

東京・新宿のヒルトン東京のパティセリー、フィルー(FILOU)から、“クリスマス・リース”をテーマにしたクリスマスケーキが登場。館内一斉にクリスマスデコレーションが始まる11月5日より、予約受付を開始する。

「ルージュ」(直径約20cm 6,000円)限定50個

エグゼクティブ・ペストリーシェフの播田修が贈る今年のクリスマスケーキのテーマは“クリスマス・リース”。クリスマスへの想いを込めたリースをイメージした「ルージュ」、「ブラン」、「ドール」と、苺のショートケーキ「フレーズ」の4種類の美しいクリスマスケーキが登場する。

「ルージュ」(直径約20cm 6,000円)は、話題のルビー・チョコレートのムースと、カカオの風味を最大限楽しめるヴァローナのクール・ド・グアナラ、そして各種ベリーの酸味が絶妙に調和する華やかなケーキ。ヘーゼルナッツとアーモンドペーストを合わせたプラリネ・フィアンティーヌの上にはラズベリーと野苺が配され、その上にコクのあるピスタチオのスポンジとクール・ド・グアナラを用いたラズベリーガナッシュをオン。表面はルビー・チョコレートのムースでおおい、苺、ラズベリー、レッドカラントとチョコレートの松ぼっくりなどが飾られている。

「ドール」(直径約20cm 6,400円)限定50個
「ブラン」(直径約20cm 5,800円)は、胡桃とキャラメルの風味にレモンの爽やかな香りを効かせたクリームチーズケーキ。クッキー生地のタルトの上に、軽い口当たりのスポンジを配し、洋梨、レーズン、レモンの皮を煮詰めたガルニチュールをトッピング。表面はメープルシロップ風味のクリームチーズのムースでコーティングし、ホワイトチョコレートで作る雪の結晶や松ぼっくりが可愛らしく飾られている。優しい味わいで、大人から子どもまで楽しめるケーキ。

「ドール」(直径約20cm 6,400円)は、栗をベースに、各種スパイスとカシスが絡み合う黄金の味わいのケーキ。サクッとした歯触りのベースに、風味豊かな栗のスポンジとカシスクリーム、その上にはシナモン、ジンジャー、ナツメグ、クローブのキャトル・エピスを効かせたクリームブリュレが配される。それらをラムとヴァニラ風味の栗のババロアで包み込み、マロンコンフィやゴールドコーティングの松ぼっくり、シナモン、アニスをトッピングし、見た目も豪華なケーキに。

なお、「ルージュ」、「ブラン」、「ドール」はそれぞれ限定50個での発売となる。

「フレーズ」(直径約16cm 4,400円)限定100個
定番のクリスマスショートケーキのトッピングをリース風に仕上げた「フレーズ」(直径約16cm 4,400円)は、限定100個で登場。ふんわりとしたスポンジに滑らかな生クリーム、そして3層からなるケーキにたっぷりの苺が詰まっている。大粒苺と、ホワイトチョコレートで作る花びらのようなトッピングが愛らしいショートケーキは自宅用はもちろん、プレゼントにも最適。

クリスマスケーキの予約受付は11月5日から12月20日まで。引渡しは12月10日から25日までとなっている。クリスマスケーキ以外にも、1階のショコラブティックには大型ジンジャーブレッドハウスが登場し、クリスマスシュトーレンやバームクーヘン、チョコレートやジンジャーブレッドなど、ギフトに最適なクリスマススイーツ(375円〜)を販売する。