新宿伊勢丹の2018年クリスマスケーキの予約がスタート! 毎年話題のケーキ断面図も公開

新宿伊勢丹の2018年クリスマスケーキの予約がスタート! 毎年話題のケーキ断面図も公開

新宿伊勢丹の2018年クリスマスケーキの予約がスタート! 毎年話題のケーキ断面図も公開の画像

伊勢丹新宿店の2018年クリスマスケーキの予約が、10月13日からスタート。毎年話題のケーキの断面図などがひと足早くチェックできる特設サイトが、10月6日10時半からオープンする。

アディクト オ シュクル「フェエリー」(直径16.5×高さ6.5cm、税込5,616円、80点限り)
今年のテーマは「エネルジ・ド・ノスタルジ〜前に進む力〜」。ノスタスジはフランス語で「郷愁」、「過ぎ去った時代を懐かしむ心」を意味し、子供時代の記憶や忘れられないお菓子の味、心の支えになった師匠や家族の言葉など、パティシエの「力となっている想い出」をもとに考案・制作されたケーキが登場する。

パティスリー ロタンティック「アブリコピスタッシュ」(直径16×6cm、税込5,616円、80点限り)


クリスマスケーキ断面図
また、今年はカタログをすべてデジタル化し、冊子では伝えきれなかったストーリーやこだわりも紹介。10月6日の10時半から公開される特設サイト(www.isetanguide.com/christmas_cake)では、エピソードや直筆メッセージ、毎年話題になっているケーキの断面図などをチェックできる。



アンヴデット「シュトーレン」(税込1,620円)
クリスマスまでのカウントダウンを盛り上げる、22種類の「シュトーレン」も登場。お店によって使われているフルーツなどの素材もさまざまで、選ぶのも楽しいシュトーレン。今年はラッピングも個性派ぞろいで、ちょっと早めのクリスマスプレゼントにもおすすめ。

ベラベッカ
さらに、今注目のクリスマスを楽しむ伝統菓子「ベラベッカ」が初登場。ベラベッカはアルザス地方の言葉で「洋梨のパン」という意味を持ち、洋梨を始め、約10種類のドライフルーツやナッツ、キルシュを使って焼き上げる贅沢なお菓子。熟成させることでフルーツの一体感とまろやかな味わいを楽しめる。

クリスマスケーキの予約は、ウェブでは10月13日10時半から12月11日20時まで。店頭では、10月13日から21日の各日10時半から20時まで、伊勢丹新宿店本館地下1階=クリスマスケーキ特設カウンターにて。10月13日のみ混雑緩和のため、伊勢丹新宿店本館地下1階=JR/東京メトロ〈ジャン=ポール・エヴァン〉側入り口にて。商品の引渡しは、12月23日・24日の各日10時半から19時まで、伊勢丹新宿店本館7階=催物場にて。なお、今年は電話予約は不可となっている。