厳選したシングルオリジンコーヒーの専門店が集結する「コーヒーコレクション」が神田錦町にて開催

厳選したシングルオリジンコーヒーの専門店が集結する「コーヒーコレクション」が神田錦町にて開催

厳選したシングルオリジンコーヒーの専門店が集結する「コーヒーコレクション」が神田錦町にて開催の画像

日本中から厳選したシングルオリジンコーヒーの専門店による、本格的なハンドドリップコーヒーを味わえるイベント「コーヒーコレクション・アラウンド・神田錦町2018オータム(COFFEE COLLECTION around KANDA NISHIKICHO AUTUMN 2018)」が、11月3日・4日に開催。東京・神田錦町の複合ビル、テラススクエア屋外広場をメイン会場に行われる。


ここ数年、国内外で注目を集めるハンドドリップは、喫茶店文化が60年以上続く神田エリアで長く親しまれてきたコーヒーの形。シングルオリジンコーヒーとは、コーヒー豆の生産国、生産地域、生産処理方法が明確なコーヒーを指す。7回目の開催となる同イベントでは、日本中から厳選したシングルオリジンコーヒー専門店10店舗が集結する。


富山県の「ハゼル珈琲(HAZERU COFFEE)」
11月3日は、熊本県の「アンド コーヒー ロースターズ(AND COFFE ROASTERS)」、滋賀県の「イエティ ファゼンダコーヒー(YETI FAZENDA COFFEE)」など5店舗、11月4日は富山県の「ハゼル珈琲(HAZERU COFFEE)」、宮城県の「スパーク コーヒー ロースターズ(SPARK COFF ROASTERS)」など、5店舗が出店。

全ての店が同じ抽出器具を使い、厳選した1種類のコーヒーをハンドドリップで提供。価格は各店共通で一杯500円。同じ条件でコーヒーを淹れることで、各店舗が選んだ豆の性質や焙煎方法の違い、それぞれのバリスタの個性を体験できる。

また、各日出店する5店舗のコーヒーを飲み比べできる「5 CUPS TICKET」が、前売り300枚限定で1,000円にて販売中。出店一覧情報やチケットの予約は、公式サイト(http://coffeecollection.tokyo/)にて。


小坂田バリスタから学ぶコーヒーを知る・深める、参加・体験型のカジュアルセミナーも開催

さらに会場では、コーヒーがより楽しくなるコンテンツも用意されている。コーヒーに合うお菓子として「なかたに亭」の産地別のカカオの特徴を生かしたチョコレート「ビーン・トゥー・バー」や、コーヒーを味わうひとときを豊かにしてくれる雑貨や本などをラインアップ。

その他、バリスタから気軽にコーヒーを学べるセミナーや、喫茶店文化が60年以上続く神田エリアを代表する老舗喫茶「さぼうる」の写真展も開催。先人が築いてきた日本のコーヒーと喫茶店文化を感じてみては。


【イベント情報】
コーヒーコレクション・アラウンド・神田錦町2018オータム
会期:11月3日・4日
会場:テラススクエア(メイン会場)/ 錦町トラッドスクエア(第2会場)
住所:東京都千代田区神田錦町3-22(メイン会場)/ 東京都千代田区神田錦町3-20(第2会場)
時間:11:00〜18:00
入場料:無料