菓子研究家いがらしろみさんが手がける「メゾン ロミ・ユニ」のサブレ&ジャムを手土産に【EDITOR'S BLOG】

菓子研究家いがらしろみさんが手がける「メゾン ロミ・ユニ」のサブレ&ジャムを手土産に【EDITOR'S BLOG】

菓子研究家いがらしろみさんが手がける「メゾン ロミ・ユニ」のサブレ&ジャムを手土産に【EDITOR'S BLOG】の画像

おやつ好きの編集部が実際に購入した手土産企画ラスト第4弾は、学芸大学駅にある「メゾン ロミ・ユニ(Maison romi-unie)」の焼菓子とジャムを紹介します。


菓子研究家のいがらしろみさんが手がける「メゾン ロミ・ユニ」は、連日女性のお客さんでいっぱい。店内から漂う甘い香りに誘われて、思わず立ち寄ってしまうお店です。

中でも私がリピートしている手土産のサブレは、読者の皆さんも大好きな陶芸作家・鹿児島睦さんのイラストが描かれたサブレ缶。友人にプレゼントをすると、必ずと言っていいほど「かわいい〜!!!」の声と、感激した笑顔を引き換えにもらえます! 缶の中に入っているのは6枚のスターサブレたち。口あたりが軽やかなサブレで、手作りならではのやさしい味を堪能できます。また、大切にとっておきたい、このサブレ缶は紅茶の茶葉を入れるキャニスター缶としてキッチンで大活躍です。



さらに、鹿児島さんの図案がモチーフになったチョコレートも! 酸味と甘さが凝縮されたストロベリーと、ミルクが濃厚なホワイトのフレーバーが2つセットになっています。持った得なくて、なかなか食べられない....という一品です。



おすすめは、まだまだ続きます!!

まずは自分へのご褒美に食べて欲しい、ジャムのシリーズ。数種類ある中から特におすすめしたいのが「キャラメル・ブルターニュ」。“キャラメルと発酵バターとゲランドの塩でつくられていて....”と、このフレーズだけでも、すでにおいしい気分に浸ってしまいます。濃厚なキャラメルの風味の中に現れる塩気がたまらないのです。パンやスコーンのお供に、ホットミルクでいただきます。



「メゾン ロミ・ユニ」は、サブレ一品から購入できるので、“ほんの気持ち”の手土産にも、とても重宝しています。
まずは、自分へのおやつにぜひ味わってみてください。




【店舗情報】
Maison romi-unie
住所:東京都目黒区鷹番3-7-17
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
メニューの詳細や、年末年始の営業日はオフィシャルサイトでチェックを