全国各地のメロンパンが一堂に会する「メロンパンフェス」、2年ぶりの開催!

全国各地のメロンパンが一堂に会する「メロンパンフェス」、2年ぶりの開催!

全国各地のメロンパンが一堂に会する「メロンパンフェス」、2年ぶりの開催!の画像

全国各地のメロンパンが一堂に会する「メロンパンフェス 2019」が、5月4日、5日にアーツ千代田 3331(3331 Arts Chiyoda)2階の体育館で開催される。



全国各地から20種類以上のメロンパンが集結する国内最大の「メロンパンフェス」。これまで4回開催を行い、前回は2,000人以上を動員、約9,000個のメロンパンが販売された。2年ぶりの開催となる今回は、“よりみち消費”をテーマに、例年通りプレーンのメロンパンを始め、メロンパンベーグルやキャベツメロンパン、角煮チャーシューメロンパンといった変わり種まで、全国各地の選りすぐりのメロンパンが一堂に会する。


メープルメロンパンでお馴染みの都内人気店「ボンジュール・ボン」 とのコラボレーションによる「角煮チャーシューメロンパン」
山椒と味噌で味付けした豚の角煮を、チーズを混ぜたメロン皮で包んだ変わり種。
参加店は、用賀のsalut!!(パン屋のサリュー!!)、半蔵門のシェ カザマ、板橋本町のHIGU BAGEL&CAFE、立石のブーランジュリー ・オーヴェルニュ、中野のボンジュール・ボン、都立大学の満寿屋商店、三軒茶屋のLa Base Secr?te du GAMIN(ラ バーズ スクレート ドゥ ギャマン)、武蔵小山のネモ・ベーカリー&カフェ、不動前のブーランジェリーアロー、麻布十番 モンタボーといった東京のベーカリーから、青森のパン工房ビリオン、岐阜のグルマンマルセ、京都の大正製パン所、熊本のふくやまベーカリー、千葉の山口製菓舗やピーターパン、おやつパントロワ、埼玉の川越ベーカリー楽楽、神奈川のブーランジェリー ラ・ウフなど、地方のベーカリーまで様々。



その他にも会場では、身近なあらゆるものをメロンパンを一単位として換算した展示ブースや、トークショー、メロンパンブローチの刺繍ワークショップなども開催される。お土産ブースでは、オリジナルグッズやコラボメロンパンの販売も。


【イベント情報】
メロンパンフェス 2019
会期:5月4日、5日
場所:3331 Arts Chiyoda 2F体育館
住所:東京都千代田区外神田6-11-14
時間:13:00 開場 18:00 閉場(最終入場17:00)
チケット:処方メロンパン(2個)付き 2,000円?、コンテンツ体験のみ 1,000円?
※入場は要事前申し込み制(https://melonpanfes2019.peatix.com/)
※パンは各種数 量限定で、なくなり次第終了
※処方メロンパンは、5パターンから性格の特性に合ったメロンパンの特典