高さ30cmのかき氷!? 横浜高島屋「アイスワンダーランド」に冷たいスイーツが大集合

高さ30cmのかき氷!? 横浜高島屋「アイスワンダーランド」に冷たいスイーツが大集合

高さ30cmのかき氷!? 横浜高島屋「アイスワンダーランド」に冷たいスイーツが大集合の画像

横浜高島屋では、各地で人気の本格アイススイーツを厳選して集めた「〜ひんやりスウィーツの祭典〜タカシマヤ アイス ワンダーランド」を、8月7日から12日まで、8階催会場にて開催する。

寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷「なつおとめ2019」(税込2,160円)
2回目の開催となる本イベントは、話題のかき氷やパフェ、アイスクリーム、ソフトクリーム、ジェラートなど、各地で人気の本格アイススイーツが集合。全国28店舗・約160種類のアイススイーツが楽しめる。

栃木県からは、かき氷マニアも注目の「寿氷-juhyo-世界一を目指すかき氷」が県外初登場。8月7日から9日の期間、いちごの名産地・栃木県真岡市でも希少な「なつおとめ」を使用した、横浜高島屋限定の「なつおとめ2019」(税込2,160円)が販売される。オーダーを受けてから、果物をカットしてソースを作り、目の前で仕上げる贅沢なかき氷の高さは、なんと約30センチ。

Eddy’s Ice Cream「Limited Eddy」(税込1,300円)
インスタファンに話題沸騰中の原宿のアイスクリーム店「Eddy’s Ice Cream」も横浜高島屋に初登場。リボンやリップなどのパーツ約12種類をトッピングして自分だけのソフトクリームを楽しむことができる。今回特別に、高島屋の頭文字であるアルファベット「T」の文字を持ったかわいいクマのクッキーがトッピングされた「Limited Eddy」(税込1,300円)が、各日20点限定で販売。

サカノウエノカフェ「い・ち・ご」(税込1,620円)
人気カフェ「サカノウエノカフェ」は、今回のイベントに合わせて、濃厚ないちごシロップとエスプーマで仕上げた軽めのクリームが絶妙なふわふわ食感のかき氷「い・ち・ご」(税込1,620円)を、8月10日から12日まで横浜高島屋限定で販売。

浅草花月堂「アイスめろんぱん(贅沢ベリー)」(税込601円)
“パン”+“アイススイーツ”のハイブリッドスイーツにも注目。ジャンボめろんぱんが人気の老舗「浅草花月堂」からは、1日に3,000個も売れる直径約15cmのジャンボめろんぱんにアイスクリームをはさんだ大人気商品「アイスめろんぱん(贅沢ベリー)」(税込601円)が横浜高島屋に初登場する。

「ワッフルボウルアイス(ピスタチオ&ストロベリー)」(税込各820円)

地元・横浜の人気店も出店。横浜市瀬谷区で約70年の歴史を誇る相澤良牧場で育てられた牛の牛乳を使ったジェラート店「オーガスタミルクファーム」の「ワッフルボウルアイス(ピスタチオ&ストロベリー)」(税込各820円)は、横浜高島屋限定メニュー。

この他、原宿で人気の台湾タピオカミルクティーとチーズクリームティーの専門店「LeaLea Tea」や、東京・築地で有名な和菓子店「築地そらつき」がプロデュースするいちごスイーツ専門店「ストロベリーマニア」、韓国でもブームとなった電球型の容器にソーダを入れたドリンク“電球ソーダ”と動物をモチーフにしたアイスクリームが人気の「原宿電気商会」、マイナス10度以下のコールドプレートの上に、液状から目の前で仕上げていく新しいスタイルがインパクト抜群ロールアイスを販売する原宿で大人気のロールアイスクリーム専門店「ロールアイスクリームファクトリー」、高知県のアンテナショップ「まるごと高知」、明治2年に日本で初めてアイスクリームが売られたとされる横濱馬車道で、当時の風味を現代風にアレンジして再現したアイスクリームを味わえる「横濱馬車道あいす」、台湾で大人気の新食感かき氷が人気の「アイスモンスター」などが出店。

作りたてのアイススイーツが食べられる他、撮っても楽しいスイーツが勢ぞろいする本イベント。家族連れはもちろん、友達同士、ひとりでも楽しめる真夏の食イベントで、ひんやり甘いスイーツを楽しんでみては?

【イベント情報】
〜ひんやりスウィーツの祭典〜 タカシマヤ アイス ワンダーランド
会期:8月7日〜8月12日
会場:横浜高島屋 8階催会場
時間:10:00〜20:00(最終日は18:00閉場)