ハイアット リージェンシー 東京のクリスマス、マスクメロンを丸ごと使った新作や定番スノーマンケーキが登場

ハイアット リージェンシー 東京のクリスマス、マスクメロンを丸ごと使った新作や定番スノーマンケーキが登場

ハイアット リージェンシー 東京のクリスマス、マスクメロンを丸ごと使った新作や定番スノーマンケーキが登場の画像

ハイアット リージェンシー 東京の「ペストリーショップ」では、10月18日から、見た目と味わいにこだわったクリスマスケーキ5種の予約を開始。フランス・アルザス地方のクリスマススイーツやシュトレンも12月1日から発売する。

「ホールメロン」(1万8,000円)直径約18cm・高さ約20cm
今年は素材にこだわった新作のケーキが2種登場。?マスクメロンを丸ごと使った「ホールメロン」(1万8,000円)は、軽やかで優しい甘さのスポンジとクリームが、マスクメロンの芳醇な香りと甘味を引き立てる、シンプルながら上質な味わいのショートケーキ。カットするとフレッシュなメロンの果肉とスポンジ、生クリームの美しい断面が現れる。土台の「切り株」は、サクサクとした食感のチョコレートとヘーゼルナッツのフィヤンティーヌを、濃厚なダークチョコレートでコーティング。贈り物の定番であるマスクメロンを使った、特別な日にぴったりの一品。

「ルージュ ノエル」(4,800円)縦約10cm×横約17cm

もう一つの新作、「ルージュ ノエル」(4,800円)は、“第4のチョコレート”として注目を集める“ルビーチョコレート”を使ったクリスマスケーキ。桃とパイナップルのコンポート、マリアージュ フレールの「マルコポーロ ルージュ」が香るクリーム、アクセントのピスタチオビスキュイの層を、フルーティーで酸味のあるルビーチョコレートのムースで包んだ一品。

「スノーマン」(4,800円)縦約8.4cm×横約27.5cm
毎年人気の「スノーマン」(4,800円)は、バニラビスキュイと生クリームの雪の上に、なめらかな口当たりのホワイトチョコレートムースと甘酸っぱいラズベリージュレとムースで作られた雪だるまたちが並ぶ、可愛いケーキ。ピスタチオクリームのマフラーやちょこんとのった雪もアクセントに。

また、昨年その愛らしさと濃厚な味わいで人気を博した「ルドルフ」(4,800円)が今年も登場する他、イチゴをたっぷりと使ったホテル定番の一品をクリスマス特別バージョンにした「クリスマスショートケーキ」(2,600円)など、バラエティー豊かなケーキ全5種がラインアップ。


クリスマスケーキだけでなく、クリスマスツリーの発祥の地と言われ、フランス最大級のクリスマスマーケットが開かれることでも有名なアルザス地方のクリスマススイーツや、ドイツの「シュトレン」が今年も登場。「パン・ド・ノエル」(1,600円)、「パン・ド・エピス」(1,800円)、「クグロフ」(1,000円)、「バニラ・キプフェル」(800円)、「シュトレン」(2,700円)の5種がラインアップ。素朴で飾らない見た目のスイーツは、シナモンやドライフルーツ、ナッツ、洋酒などの豊かな“香り”が特徴。

クリスマスケーキの予約は電話または店頭にて、10月18日から12月17日まで受け付け、受け渡し期間は12月21日から25日の11時から20時となる。アルザス地方のクリスマススイーツとシュトレンは 12月1日から25日まで販売。

【店舗情報】
ハイアット リージェンシー 東京 ロビーフロア・2階「ペストリーショップ」
住所:東京都新宿区西新宿2-7-2