人気かき氷店、蔵元八義天然氷の「中町氷菓店」が今年も銀座ロフトに登場

人気かき氷店、蔵元八義天然氷の「中町氷菓店」が今年も銀座ロフトに登場

人気かき氷店、蔵元八義天然氷の「中町氷菓店」が今年も銀座ロフトに登場の画像

銀座ロフトは、昨年好評を博した「蔵元八義(くらもとやつよし)の天然氷のかき氷 中町氷菓店」(スマイラル・カンパニー(株):代表取締役 永野 崇)のポップアップストアを、今年も7月18日より開店いたします。

「天然氷のかき氷 中町氷菓店」は、長野県松本市の「NAKAMACHI CAFE」の夏季限定店舗で、休日には行列する人気店舗として一日350杯を売上げるほどの繁盛店です。南アルプス八ヶ岳の蔵元「八義」の天然氷を使用し、プロの削り手により、ふわふわに削られた天然氷が口の中でとろけてゆく感覚が特長。トッピングは生のフルーツから作られるフレッシュで濃厚なフルーツソースと特製の練乳とのバランスがインパクトとともにすっきりとした味わいを生み出し、多くのかき氷ファンを魅了しています。天然氷は、冬の間に自然の寒さのみでじっくりと時間をかけて作られることにより、不純物を含まない純度の高い透明な氷となります。冬場に作った天然氷は「氷室(ひむろ)」にて夏まで貯蔵されます。昭和初期全国に100軒近くあった氷室は、現在5軒のみとなり、さらに昨年は暖冬のため天然氷の生産がおおよそ半減しているところも多く、極めて希少となっています。



<銀座ロフト蔵元八義の天然氷のかき氷 中町氷菓店ポップアップストア概要>
◇所在地:銀座ロフト1Fカフェ 「ロフトフードラボ
◇期間:2020718日()〜82()
◇メニュー:4種類(予定) ※価格はすべて税別。

●信州生夏秋イチゴ 1,100
長野県産の甘酸っぱい夏秋イチゴを生のままシロップに。本店人気No.1。

信州夏秋イチゴ
●宇治金時 1,200円
京都宇治産の高級抹茶の上に北海道産の大納言を煮立てたつぶ餡をトッピング。本店定番メニューの一つ。

宇治金時
●信州塩スイカ 1,100
長野県産の大玉スイカをそのまま絞り、アクセントに岩塩を散らした夏の一品。

信州塩スイカ
●銀座シトラスミント 1,100 ※土日祝限定
銀座ルーフガーデン(銀座ベルビア館屋上緑地)で育てた無農薬フレッシュミントと、レモン、ライム、信州産蜂蜜を使用した爽やかな一品。

銀座シトラスミント


企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。